AYA's ブログ

ヘンプシードオイル

世界の古代美容法-クレオパトラ編

世界の古代美容法-クレオパトラ編

世界絶世の美女、クレオパトラ。今から2000年以上の古代エジプトで美貌を武器に生き抜いた世界三大美女の一人。二人の・・を彼女の美貌で翻弄し、時代を動かしてきたと言われている彼女が一体どのどのように美貌を保たれていたか気になりませんか?

現代の私たちは様々な情報や美容法が溢れ、そこそこの苦労はするけれど、テクノロジーの力も手助けしてくれる今の時代は、何千年も前の何もなかった時代に比べたらある程度簡単に美が保ちやすい時代であるかと思います。あの時代に比べたらとてもとても恵まれていることは間違いがないです。

確かに、クレオパトラは元々容姿に恵まれていたのかもしれませんが、エジプトのような砂漠のある乾燥地帯で今のように美容に関する情報も手法もない時代に、どのようにして美を保ってきたのでしょうか?

クレオパトラの美を保つ秘訣がいくつかあるので、その中で5つ紹介しましょう。

  1. ミルクバス→牛乳には古い角質を除去して、保湿効果が高い
  2. ソルトスクラブ→血行を良くし、古い角質を除去。意外に顔もOK
  3. ロイヤルゼリー→身近に取れた天然食品のハチミツ。アンチエイジングやむくみに効果が高い
  4. クレイマスク→毛穴の汚れや余分な皮脂を吸着しツルツルのお肌に
  5. ヘンプシードオイル→新陳代謝を高める、肌へのダメージから守る

シンプルなものばかりなのは身近なものしか手に入らない時代に手に入れやすいもので、彼女の美意識の高さから日常的にお手入れが可能なことだったのではないでしょうか。意外にも現代の私たちも知っているものばかりで気軽にできそうな美容法ですね。

ただ、5番のヘンプシードオイルに関しては、まだ日本では余り知られていないかもしれません。

ヘンプシードオイルとは

最近は、さまざまなタイプのオイルが世に出始め、日本でも大ブームとなっておりますが、その中でもアメリカで注目を浴びているのが、ヘンプシードオイルです。

ヘンプシードとは麻の種で、古代3000年ほど前に発見され、当時は医療用のみでなく、その強さを余すところなく活用できることから古代から人々の暮らしになくてはならない、とても重宝された植物です。その時代麻は、ロープなどの道具・陶器類・服、またはその繊維を利用して、紙も作られ(書き物用ではない)様々な用途にも用いられたといい、現代でも医療目的以外にもバイオプラスチック・建築・製紙など数万の原材料となり、また食物としての栄養価の高さなどその用途の広さから今、世界中が注目している植物です。

また、その他の注目を浴びる理由としては、温暖化や人口の過密化、水不足など、様々な環境に関する問題が深刻化している現在の状況ですが、この植物は環境に負荷を与えることがなく生息がとても容易で、多様に活用できることも今後さらに重宝される植物だと思います。

ヘンプシードオイルとは

麻自体は日本でもかなり身近にあり、天然繊維の中で最も丈夫とされる素材として重宝されてきましたし、強い生命力は神の依り代と考えられていたものでもあります。

ただ、現代では麻と言えば、大麻を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

現に大麻はその名の通り、麻であり、幻覚作用のあるTHCを含むものです。信仰の深い古代エジプトでは、 THCの覚醒成分のある大麻は、神と繋がるためにも使用していたとも言われています。

これは現在でも医療目的として使用している地域もありますが、一部を除き、世界でも日本でも基本的には違法です。(麻を栽培するには日本では国の許可が必要です。)

日本で合法で購入できるのは、麻の種から作られた幻覚作用のあるTHCを取り除いたヘンプシードオイルです。同じ麻でも大麻とは全く異なる性質です。

ヘンプシードオイルは肌のみでなく、アレルギーを持った人にもおススメで、また高血圧や動脈硬化などにも良いと言われており、医療としても効果を期待できます。

また、同じ麻からの原料のヘンプシードオイルよりアメリカで注目を浴び始めているオイルがあります。

今アメリカで最もHOTな古代のオイルとは

今アメリカで最もHOTな古代のオイルとは

今最もアメリカで注目を浴びているのがカナビスオイルです。とてもパワフルで多様性に富んだオイルです。

ただし、このカナビス自体は大麻(マリファナ)にあたり日本では完全に違法です。たとえ医師が医療目的であっても輸入・使用はできません。

ただし、カンナビオイルは、麻薬成分のTHCは含まない麻の成分です。テストを何度も重ね、THCが完全に含まれていないと確認されたものだけが日本国内でも使用が許可されています。(ここでお話しするのはあくまで合法化された一部のアメリカの州のお話で日本では違法にあたります。)

他国でもカナビスは基本違法ではあるのですが、他国やアメリカの一部の州ではガンやエイズなどの医療目的が主で購入や使用が合法になったところもあります。最近はアメリカのそういった州で盛り上がりを見せており、カナビスを含有したオイルをはじめ、コーヒー、クッキー、チョコレート、コスメなど様々な商品がぞくぞくと開発されています。それにはカナビスそのものがとてもパワフルで健康に関する悩みに幅広く対応できると期待されているところにあるかと思います。

食品としての効能は、栄養満点で良質なたんぱく質が豊富にあり、免疫力を高め風邪などを引きにくくしたり、便秘解消にもよいそうです。

食品以外でもエステでも使用され、疼痛緩和作用があることから、頭痛にも効いたとの声もあります。

カナビスオイルはストレスや不安な感情を和らげ、睡眠の質を向上したり、食欲を促進したり、便秘解消、心臓病や緑内障にも効果があると言われています。

脳腫瘍が小さくなったなどの効果があるとの噂もありますが、実際の効果のほどは。。。現段階ではまだまだ未知数ですね。ただし、覚醒成分があるので一時的な効果を感じる可能性はありますが、特に新しく開発された商品に関してはまだ長期的な実績がなく、根本的な解決には至らないと思われるので医療目的であっても注意は必要かもしれません。(日本で合法化するにはまだまだ時間が掛かると思うのですが。。。)

ではヘンプシードオイルとカナビスオイルの違いは?

ではヘンプシードオイルとカナビスオイルの違いは?

同じ麻から出来るオイルですが、簡単に説明すると麻薬成分のTHCは含まれていて医療目的として使用可能なものがカナビスオイルで、産業用に麻薬成分のTHCが含まれていないものがヘンプシードオイルとなります。ただ、実際にはカナビスオイルでもTHCは含まれていていないとうたっているものも販売されている可能性がありますが、微量に含まれているものもあるため、日本では完全に含まれていないと認められたものしか使用できません。個人輸入などで入手可能な場合があるかと思いますが、違法の可能性もあるので十分にご注意ください。

麻の威力と魔力

麻の威力と魔力

カナビスは「ほとんどの病気が治る」とも言われており、マリファナは中毒性がなくたばこよりも良いという方も中にはいらっしゃいますが、ほんの少量でも強力な力を発揮するため、適量を守らないと中毒になりやすくコントロールが難しいと思います。

実際に知り合いのアメリカ人、日本人もかなりはまっており、日本人の長い知り合いに関しては、1年ほど続けていたら記憶力が元々良かったのがかなり良く思い出せないことが増え記憶力も低下し、気性がかなり激しくなりました。人により多少の差はあるかとは思いますが、アメリカに関して言えば、マリファナが簡単に入手できることにより、適切に扱えば威力を発揮しますが、多少でも誤るとパワフルなだけに魔力ともなる恐ろしいものであることも知っておく必要がありそうです。

ただ、昔神と繋がる際に使われていたように、瞑想などに使うのはその覚醒作用からかなり効果的かもしれません。現在、アメリカでもハードーな運動よりソフトなものや瞑想に切り替える人が増えているみたいなので、現代人も古代人の本質的な部分に戻った方が健康になれるのかもしれないですね。

“American Beauty” ライター ラックバニー
アメリカに住んでいた経験からアメリカを中心に最新美容・健康のトレンドをお届けします。