AYA's ブログ

肌を制すことが少子化対策に

実は、日本人特有の肌トラブルの原因は少子化に拍車をかける結果となっていることを知っていますか?
今回は肌トラブルから見える、日本の深刻な問題に迫りたいと思います。

世界でも類を見ぬ日本女性

世界でも類を見ぬ日本女性

韓国につづく美容大国日本。正確には整形を含めると日本はまだ美容大国ではないのですが、メディアなどから美容に関する情報が世の中に溢れ、街を歩いていてもキレイでおしゃれな女性を多く見かけます。

服やお化粧などで外見がキレイ目な日本女性が多い要因は、バランスが取れた栄養価の高い日本食の食生活だけでなく、お化粧品やエステの技術の高さのおかげでもありますよね。また、美容に対する意識の高さからみんなが切磋琢磨しているのもあると思いますが、正直日本や韓国ほど、これほど多くの国民がこぞって美容に関して普段から重点を置いている国を見たことがないほど、日本は特有であると思います。

日本女性は本当にキレイな肌の持ち主?

日本女性は本当にキレイな肌の持ち主?

ただ普段から不思議に思うこともあります。他国を見ると、日本人のように、日本人ほど美容に関するものが手に入る環境にないのに、肌がキレイな方は他国でも多く見かけ、日本女性はメイクは上手なのですが、肌そのものがキレイとは言い難い面もあります(人種の差もありますが)。アメリカにいると、若い方のみならず、美しいアメリカ人高齢者が多いと感じます。話を聞くとこういった方たちは正直特に美しく見せようとしている感じはなく常に自然体です。もちろん高価な化粧品を使用しているわけでもありませんし、そもそも日本のようにエステも気軽に行ける環境は世界的にはそうないので、何か特別なことをしている様子はありません。
その要因として考えられるのは、アメリカ人男性は日本女性のようにお化粧をバッチリしているよりも、自然体の女性を好む傾向にあります。地域にもよりますが、西海岸ではほぼスッピンの若い女性が多く、あまりお化粧の濃い女性は見かけません。人は中身や話の内容を重視する傾向にあるので、外見ですぐに判断しないというのも内面から美しさを醸し出せしているのだと思います。

また、最近少し驚いたのは、発展途上国の女性たちはキレイで強い肌の持ち主が多いということです。肌のみならず髪もツヤツヤで量が多い方が多いそうです。

実は日本女性は肌が弱めでニキビ、シワなど肌トラブルも他国に比べ多いそうで、肌そのものがキレイというわけではないそうです。よく考えれば、日本女性はもし今の美容大国でなかったら、そういった助けなしにキレイな肌を保つことがおそらくかなり難しいのではないかと思います。

発展途上国の女性たちの肌がキレイな理由

発展途上国の女性たちの肌がキレイな理由

では、発展途上国の女性たちはなぜ美容に関するものや情報がほとんどない環境なのに、肌や髪がツヤツヤしていて日本人にありがちな肌トラブルがないのでしょうか?
彼らの生活はというと、トイレは川で用を足し、その排泄した川の水で食事も作る全ての生活を賄います。
微生物のお陰で栄養のある水を保てそこに住む生物の生命を育ます。
水を汚染する要因の9割は人為的なものが原因と言われており、人為的なものとは、洗剤などの化学薬品、工場の排水、車から排出される様々な人工的なもので、彼らは、日本や他の先進国のように化学薬品などは使用する事が少なく、水道や川にも流しません。それをすると微生物の生態のバランスが壊れ、病原菌の元が発生したりしてしまいます。また、化学薬品は環境ホルモンなど人間の体にも悪影響を及ぼすので本来は水道などに流すべきではありません。水道局でも汚染された水を本来の栄養価の高い自然な水には戻せないのです。

また特に日本が問題なのは、何でも除菌することが流行っており、この行為が必要な細菌を殺し、化学薬品を取り入れてしまっているため、体には返って良くない環境を生み出してしまっています。

最近のトレンドはベジタリアン

ここ最近、この数年の中でもかなり大きなトレンドの動きがあり、それは意外にも新しいものではなく、以前からあるものなのに、急激にトレンドの波が大きくなっているものが…

生命力の低下が顕著な日本人と実は深刻な日本人男性のメス化現象

生命力の低下が顕著な日本人と実は深刻な日本人男性のメス化現象

発展途上国の女性は、日本女性のような肌トラブルもなければ、アレルギー、子宮系の病気もないそうです。彼女たちは7,8人子供を産むのが普通で不妊症なんて聞いた事がないそうです。ですので、本来人間はそれ位の人数が産めるそうで、世界では人口増加が進んでいて、世界的危機に迫っています。実は、少子化問題は日本特有で日本だけ全く逆の現象が起こっています。

発展途上国の女性の出生率がそれほど高いのに対し、日本の出生率は1.3人です。なぜ日本は世界にない問題を抱えているかというと、未婚、離婚、不妊症率の高さにあると言えます。未婚率の高さは右肩上がりで、女性のみならず特に日本人男性の意識が変わらない限り、今後も改善が見込めないと私は推測しています。
メディアでは女性が強くなり社会進出をし、社会も子供を産む受け皿がないのが原因と言いますが、それらが根本的な原因ではないと思います。

本来の原因は、非正規社員の多さや日本人男性の浮気率の高さ(これには外国人男性もビックリする方が多いです)、結婚に対する不安感、また女性の働く環境や保育園問題など以外に、最近の若い男性のメス化現象が要因にあるとある学者は指摘しています。
正直、外国人男性に言わせると、日本人男性が仕事が安定してないから結婚しないという理由は納得いかないそうです。なぜなら日本ほど非雇用率が低く、正社員が守られている国は他になく、クビになることが多い国が普通だからです。

以前はいなかった草食系男子がここ10年以内にかなり増えたと感じますが、実際に日本海沿岸でまさにメス化した魚が多く発見されているそうです。メス化というのはオスの精巣にあるはずのない、メスの卵母細胞が出来る不思議な現象です。この原因は、主に水の汚染にあり、特にここ数十年の日本人の生活から汚染が進み(川の水がキレイになった事例はありますが)髪を染める人が増えたり、油を水道に流したり何かしら化学薬品を使用する機会が増え、それによる汚染が原因で、生態系が壊れてしまい、悪影響を及ぼす環境ホルモンなどが発生しているのが原因だそうです。
また、これは環境汚染のみではなく、母子家庭の環境から大人の男性像を体感として得られない環境が原因とも言われています。

また、ここ最近の不妊症のカップルの約半数は男性側にあると言われていて、実際、性欲のない若い男性が増え、メス化・軟弱化が進んでいます。
ただ、通常の認識としては不妊症というと女性が原因と思われる傾向にあり、発見が遅れる原因にもなっているので出生率も下がってしまっているようです。

なぜ肌を制することが少子化対策となるのか?

なぜ肌を制することが少子化対策となるのか?

このように現代人が作り出した環境から、日本人は生命力という面ではかなり劣ってきています。

現に、日本人男性は、メス化し、日本女性は特に発展途上国の女性たちのような環境にいる女性には起こらないような、不妊症、子宮内膜症、アレルギー、肌トラブルなどが起こり、これらの原因は全て化学薬品や、加工食品などの悪影響によるものだそうです。

実は子供を産みやすい体質の人は肌力が高いそうで、よって肌トラブルをなくす環境作りそのものが、男女ともに不妊症の問題解決に繋がっていきます。

と言っても、先進国でこれほど豊かな物資に囲まれた生活をしている日本人には難しいので、せめて普段から化学薬品や除菌剤を余り使わずなるべく自然な環境に身を置いたり、また、化学薬品や油をシンクに流さないなどの自然環境に配慮する行為が、肌力を上げ、美しい髪にするだけでなく、妊娠力も高めるという事実を日本人女性は特に知っておく必要がありそうです。

“American Beauty” ライター ラックバニー
アメリカに住んでいた経験からアメリカを中心に最新美容・健康のトレンドをお届けします。