スタッフブログ

自粛生活で体重増!コロナ太りはどう解消する?

  • はてなブックマーク

新型コロナウイルスによる自粛生活においては、普段意識していなかったあらゆる問題が浮上してきます。その中のひとつが”コロナ太り”で、この状態の解消に頭を悩まされている方が多いと聞きます。今回は、コロナ太りの原因や問題点、解消方法などについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

コロナ太りの原因や問題点を探ってみる

運動量が減ると必然的に消費カロリーも減って体重が増えやすくなりますが、これは新型コロナウイルス云々だけでなく、いつでも起こる現象です。
一方、コロナ太りと呼ばれる現象は自粛生活を余儀なくされている期間に起こるという特徴があり、単なる運動不足による肥満とは少々異なるのです。
では、コロナ太りにはどのような特徴があるのでしょうか。
原因や問題点を探ってみることにしましょう。

自粛期間の食生活を振り返ってみる

自粛生活か少しずつ緩和されるようになると、外出の際の行動範囲も広がります。
そしてここで感じやすいのが、「体が重くなった気がする」「服のサイズが小さくなったように感じる」ということなのではないでしょうか。
このようなことが起こってまず頭をよぎるのが、「運動不足で食事のカロリーが消費しきれていない」ということでしょう。
もちろん、これもコロナ太りの要因ではあります。
しかし、そこにはもうひとつの問題が隠されているのです。
それは、時間を持て余すことにより、必要以上に食べていなかったかどうか?ということです。
普段から食事のカロリーを意識している方の場合では、今自分が摂っている食品にどれくらいのカロリーがあって、どれくらい摂ればカロリーオーバーになるのかの見当が付くでしょう。
しかし、そうでない方の場合では知らず知らずのうちに食品を摂りすぎている可能性があり、カロリーオーバーになっていた可能性が否めないのです。
それに運動不足が重なったら、どのような方でも太りやすくなって当然です。

自粛期間は精神にも影響が…

自粛生活が続くと、あらゆる不安に襲われ、それがストレスになることがあります。
すると、コルチゾールという抗ストレスホルモンの分泌量が増えます。
すると、食欲抑制に関与するセロトニンというホルモンの活動が抑制され、いつも以上に食欲が増加することがあるのです。
さらに、コルチゾールには代謝を鈍られる働きもあるといわれているため、それによって太りやすい体質になる可能性が広がります。
新型コロナウイルスが収束するまでは、不安によるストレスがなかなか軽減されないかもしれません。
しかし、その精神状態が長期化すればするほどコロナ太りの解消が先延ばしになるでしょう。
それを防ぐためには、少しでも心の重荷を軽くする工夫を行うことが大切です。

コロナ太り解消に役立つのはこの方法!

コロナ太りは、単なる運動不足ではなく、無意識に食べ物を口に入れていたり、大きなストレスを感じたりしたときに起こりやすいということがわかりましたね。
それでは次に、コロナ太りから抜け出すための方法をご紹介していきましょう。

短期間で結果を出しやすいのはこの方法

コロナ太りで増えてしまった体重をなるべく短期間で減らしたいなら、ダイエット用食品を利用した置き換えダイエットがおすすめです。
自己流ダイエットでも正しく行えるならいいのですが、自己流ダイエットには次のような問題が起こって挫折しやすいというデメリットがあります。

  • 何を食べれば良いのかわからない
  • 食事を減らすことによる栄養不足が心配
  • カロリー計算が難しい
  • 空腹感に負けそうで心配

このような問題が生じる可能性がありますよね?
一方、ダイエット用食品を利用する置き換えダイエットでは、以下のメリットがあるため続けやすいのです。

  • カロリー計算不要、カロリー計算ができない方には特におすすめ
  • 1日1~2食をダイエット用食品に置き換えるだけなのでカンタン
  • 栄養素がバランス良く配合されているため、栄養不足の心配ナシ
  • 週末だけのダイエットも可能
  • 空腹感が軽減されるので続けやすい
  • 比較的早い段階でダイエット作用を実感しやすい

このようなメリットがあります。
置き換えダイエットに適した食品はインターネット通販などで購入できますので、何種類か調べてみて、実践できそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。
また、ファスティング(断食)も短期間で体重を落としやすい方法ではありますが、知識がない方が自己流で行ってしまっては危険です。
ファスティングの知識があれば問題はありませんが、そうでないなら、置き換えダイエットのほうが断然おすすめです。

お腹のたるみがヤバイ!それならこの方法で!

ダイエットで体重が減ると、脂肪がなくなった部分の皮膚がたるんでシワシワになってしまうことがあります。
このようなことが起こったら、筋トレやストレッチなどを行ってお肌の引き締めを目指すのがいちばんです。
そしてもうひとつ、見た目を瞬間的に引き締まって見せたいなら、加圧式ベルトまたはガードルの使用がおすすめです。
これらの使用だけで痩せることはできませんが、たるんだお腹の引き締めには役立つはずですよ。

ストレスを軽減させるならコレ!

食事はダイエット用食品、お肌の引き締めは加圧ベルトでなんとかなるとして、問題は今抱えているストレスをどうするかです。
そこでおすすめしたいのは、これまで観た映画の中でご自身が最も楽しめたと思う映画を、ゆったりとした気分で鑑賞するということです。
もちろん、映画でなくてバラエティ番組や音楽でもかまいません。
肝心なのは、ご自身が喜ぶ”何か”をして、少しでもストレス緩和に努めることが大切だということです。
これなら、さらなるストレスを抱えることなく、少しずつストレスを軽減できるでしょう。

まとめ

食べ過ぎや運動不足だけで太ったのなら、適度やダイエットと運動の組み合わせで改善を目指すことができます。
一方、コロナ太りは精神面でのストレスも関与していることがあるため、ダイエットに加えてストレス解消法も実践する必要があるのです。
といっても、それらは今回ご紹介してきたとおり、それほど難しいものではありません。
コロナ太りを少しでも解消したいなら、今回ご紹介してきた方法を実践して、元通り、あるいはそれ以上の理想的なプロポーションを目指してみてはいかがでしょうか。

  • はてなブックマーク