スタッフブログ

夏は食欲がなくなる季節!必須ミネラルが不足する前に対策を!

  • はてなブックマーク
  • Google+

暑い日が続くと、食欲は無くなるし料理をするのも面倒です。そんな夏は、食べやすく調理が楽なものを食べる機会が多くなりますよね。そうめんやざるそばなどはツルっと食べられて美味しいのですが、そればかりでは栄養不足になってしまいます。

特に不足に気をつけたいのが、ミネラル類。ミネラルが不足すると、健康を害するのはもちろん美容面でも良くない影響を及ぼします。暑い夏を健やかに乗り切るためにも、必須ミネラルのことを知っておきましょう!

そもそも必須ミネラルって何?

ミネラルとは、酸素・窒素・炭素・水素以外の元素のことを言います。ミネラルは5大栄養素の一つでもあり、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミンと並んで健康にとって欠かせない栄養素です。他の栄養素に比べてなんだか地味な印象もありますが、その役割はとっても重要!

数あるミネラルのうち、人間の体にとって必要な栄養素となるものが必須ミネラルと言われているものになります。カルシウムや鉄、マグネシウムなどはよく知られているミネラル成分です。カルシウムが不足すれば骨がもろくなるし、鉄不足は貧血を引き起こします。これだけでも、いかにミネラルが重要な成分かということが分かりますね、

ミネラルは体の中で作り出すことができず、食べ物から摂取するしかありません、そのため、食事内容が偏ったり量が減ったりしてしまうと、ダイレクトに影響が出てしまいます。

ミネラル不足になりやすい夏に注意すべきこと

夏は食事内容が簡素になりやすく、栄養不足になりがちです。それに加えて、汗には多くのミネラル成分が含まれていることも忘れてはなりません。多くの汗をかくと、それだけでミネラル不足となってしまうのです。

摂取量が減り、排出量が増えれば慢性的なミネラル不足状態となり、夏バテしやすい体になります。ミネラル不足になりやすいからこそ、加工食品の食べすぎや清涼飲料水の飲みすぎには要注意です!

これらの飲食物には、添加物として「リン」が多く含まれています。必須ミネラルの一つで、カルシウムと結合して骨や歯を作るのに欠かせない成分ですが、過剰摂取は逆に骨の代謝に支障が出るなど健康に悪影響です。

特に、カルシウム摂取量が不足した状態でリンの過剰摂取となると、骨がもろくなってしまう危険性も。リンは乳製品などにも多く含まれていますが、こちらは同時にカルシウムも摂取できるので栄養バランスとしては問題ありません。

加工食品が全くダメ!というのではなく、野菜やタンパク源となる食材などもバランスよく取り入る必要があります。調理が面倒であれば、そのまま食べられるトマトやきゅうりといった野菜、タンパク源なら冷ややっこや味付きたまごなどは食べやすいのではないでしょうか。

たかがミネラル不足とあなどれない!その症状とは

ミネラル不足は、健康を害したり体調不良の原因となったりすることはなんとなく想像できますが、美容面の不調にも大きく関わってきます。ここでは、特に不足に注意したい必須ミネラルについて、不足した場合の症状とともにご紹介します。

鉄:エネルギー代謝が悪化

鉄不足は貧血を引き起こす以外にも、エネルギー代謝を悪くして美容面に影響を及ぼします。肌の代謝が乱れると肌の調子は悪くなるし、ダイエット中であれば思うようにシェイプアップ効果が得られなくなります。

亜鉛:細胞の代謝の悪化と精神不安定

亜鉛も不足すると代謝の悪化につながります。特に細胞の代謝に深く関わっているので、肌荒れしやすくなってしまいます。また、精神状態が不安定となる原因にもなり、ストレスががたまりやすく体の不調を招くことに。他にも、亜鉛不足は味覚を低下させる可能性もあることで有名です。

ケイ素(シリカ):エイジングケアを水の泡に

あまり聞きなれない栄養素で、体内にもわずかにしか含まれていない「微量ミネラル」に分類されるケイ素ですが、不足すると美容面への影響は大きいものになります。

ケイ素は、エイジングケアに欠かせない成分と言われています。その理由が、コラーゲンに対する作用です。真皮には、肌のハリや弾力を担うコラーゲンやエラスチンといった弾力線維がありますが、これを束ねて丈夫にするのがケイ素の役割になります。

つまり、ケイ素が不足すると弾力線維の強度が弱くなり、シワやたるみの原因となるのです。肌以外にも、髪とツヤやコシにも影響していると言われています。いくらエイジングケアを頑張っても、肌内部が栄養不足となっているとどうにもなりませんね。

ミネラル不足対策をしよう!おすすめ食材や方法

美容にも健康にも欠かせない必須ミネラルは、食べ物から摂取するしかありません。手っ取り早くサプリメントという方法もありますが、どうせならミネラル豊富な食材を取り入れて欲しいところ。

そこで、暑い夏でも食べやすくミネラル豊富な食材をご紹介します!

海藻類

海藻類には、とにかく豊富な種類のミネラルが含まれています。亜鉛やケイ素なども含まれており、なにより低カロリーで食物繊維豊富なのが嬉しいですね。

夏に食べるなら、パックで売っているもずく酢は調理不要で食べやすいです。他にもワカメやひじき、海苔などおなじみの食材ばかりなので比較的取り入れやすいのではないでしょうか。

貝類

牡蠣やしじみに代表されるように、栄養分がギュッと濃縮されている貝類。亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。

大豆製品

カルシウムやマグネシウムなど、不足しやすい必須ミネラルをまとめて補うことができるのが、大豆製品です。良質なタンパク質も摂取できるほか、大豆イソフラボンが豊富な点が嬉しいポイントです。

納豆や豆腐は調理無しで食べることができ、トッピングのアレンジが多いので取り入れやすいですね。

煮物は鉄鍋調理で鉄分UP!

鉄鍋で調理すると、食材に鉄分が溶け出ることでより多くの鉄分を摂取することができます。鉄分は、夏に限らず慢性的に不足している必須ミネラルです。ひじきや大豆の煮物をつくる際は、ぜひお試しくださいね。

ミネラルウォーターはミネラル豊富?

ミネラルウォーターというくらいだから、水分補給にこれを選べばミネラル補給ができるんじゃない?と考えてしまいますよね。

ミネラルウォーターにもいくつか種類があり、天然の水のミネラル成分そのままのものから、後でミネラル分を添加したものもあります。水には主に、カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラルが含まれています。

これだけでミネラル補給はカンペキとまではいきませんが、マグネシウムなどは不足しがちなミネラルなので、水分補給と同時に摂取できるのはメリットが大きいです。

まとめ

健康の維持や美容に欠かせない必須ミネラルは、栄養不足になりやすく汗をよくかく夏は特に不足しがちです。ミネラル不足は単なる体調不良だけではなく、シワやたるみといった美容面で深刻なダメージも与えます。

ミネラル豊富な食材は、手に入りやすいものばかりで調理の負担が軽いものもたくさんあります。この夏はミネラル不足対策を万全にして、健やかな体と若々しい肌をキープしましょう!

  • はてなブックマーク
  • Google+