スタッフブログ

秋の旬の食べ物で身体の内側からキレイに!

  • はてなブックマーク
  • Google+

やってきました、食欲の秋!!
スポーツの秋や、読書の秋でもありますが、やっぱり食欲の秋。
とにかく旬の食べ物が美味しい季節ですよね。

気温も過ごしやすく、美味しいものが多いので、一年の中でも秋を心待ちにしている方もいるのではないでしょうか。
ですが、普段から体重の維持や食事管理に気を配っている方は、
「食欲の秋だけどガマンしなきゃな。。」と考えている方もいるかもしれません。

そんな方は、ちょっと待った!

秋が旬の食べ物には、栄養素が豊富でダイエットや美容にも嬉しいものがたくさんあります。
制限するよりもむしろ積極的に摂取した方がいいものも多いですよ。
せっかくの食欲の秋。美味しく食べて、身体の内側からキレイを目指しませんか?

秋に旬を迎える食べ物

秋に旬を迎える食べ物は、実りの秋と言われるだけあって栄養素がとにかく豊富です。
夏の疲れを取り去るためや、丈夫な身体で、寒い冬に向けて備えるためです。

とくに、ビタミン類や食物繊維が多く含まれている物が多く、食物繊維は満足感が高いため、食べ過ぎを防いでくれる効果もありますよ。
また、身体の代謝を上げる栄養素が豊富に含まれたものもあり、ダイエット中の方にも嬉しい食べ物がたくさんなので、それぞれの特徴を紹介していきますね。

さつまいも、里芋、かぼちゃ、栗

芋や栗は、特に女性や子供に人気の食材ですよね。
芋類は意外にもビタミンCがとても豊富です。ビタミンCは熱で壊れやすいですが、芋類はでんぷんによってビタミンCが守られるので、効率的に摂取しやすいですよ。
その他にも食物繊維が多く含まれ、満腹感を感じやすいです。
腸内環境を整え、便秘の解消や体脂肪をつきにくくするのにも役立ちます。

かぼちゃはビタミンC、ビタミンE、ビタミンAが豊富で、美肌効果が抜群です。
栗は美容にとてもいいビタミンCだけでなく、肌荒れにおすすめのビタミンB6や、葉酸が豊富。バランスのいい食べ物です。肌のツヤや、透明感に期待ができますよ。顔のくすみが気になる方にもおすすめです。

芋や栗などは、甘いのでカロリーが高いのでは?などと考える方もいるかと思いますが、フライドポテトなどの揚げ物にして食べない限り、そこまで気にしなくても大丈夫です。

しかし、モンブランやスイートポテトなどには要注意です。野菜を使っているので低カロリーと思われがちですが、他のスイーツ類とカロリーはあまり変わらないので、食べ過ぎには注意ですよ。

サンマ、鮭、サバ

秋に旬を迎える魚は、どれも脂がのっていて美味しいですよね。
これらにはビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどの油溶性ビタミンや、ビタミンB2、カルシウムや鉄などが含まれています。

サンマやサバなどの青魚の油には、EPAやDHAが豊富に含まれています。生活習慣病の予防やストレスの緩和にも役立つので、忙しい現代人にぴったりですね。体脂肪がつくのを防ぐ効果も。
鮭はタンパク質や脂質が豊富なのに加えて、とても低脂肪です。赤の色素であるアスタキサンチンは、肌老化を防いで脂肪の代謝を促進します。美容にとてもうれしい食べ物ですね。

舞茸、しめじ、エリンギ、マッシュルーム

秋といえば、きのこ類もとても美味しい季節です。
きのこはとても低カロリーで、ほぼカロリーがありません。ダイエット中の方の心強い味方ですね。

食物繊維が豊富で、ビタミンB群も含まれます。免疫力のUPや、美肌効果も期待できます。
血糖値の上昇を緩やかにして、脂肪の蓄積を防ぎます。便秘に悩む方にもおすすめですよ。

ブドウ、梨、柿

ブドウには、ブドウ糖が豊富。疲労の回復や脳のエネルギーの補給にぴったりです。
頭を使う作業や、勉強のときにおすすめです。ポリフェノールには高い抗酸化作用があり、老化予防にもぴったりです。皮に栄養が多く含まれるので、可能であれば皮も食べるのがおすすめですよ。

梨は水分が約88%ですが、カリウムが含まれるのでむくみ防止や消化の促進に効果的。
柿はなんと1個で1日に必要なビタミンCがまかなえます。β-カロテンは、細胞の酸化を防ぎます。

ミョウガ、生姜

ミョウガと生姜は、どちらもショウガ科ショウガ属の仲間です。
ミョウガはほとんどが水分でできており、カリウムも含まれているので、水分補給やむくみのケアなど、体内の水分調整に役立ちます。カルシウムやマグネシウムも含まれます。

生姜は多くの方がご存じですが、身体の冷えを防止するので秋冬にぴったりですよね。
脂肪の燃焼や消化機能の改善に役立ちます。殺菌・抗菌効果もあるので風邪の予防にも効果的ですね。

代表的なものを挙げるだけでも、とてもたくさんの食べ物がありますね。
ほかの時期にも手に入るけれど、旬の時期に食べることにはメリットがたくさんあります。

  1. 鮮度がよく、値段も安い
  2. 旬じゃない時期に比べて、栄養価が高い
  3. 味が濃く、香りが良い

冬が旬のものは身体を温め、夏が旬のものは身体を冷やすように、その時々の食べ物は、人間の身体にも必要なはたらきがあります。

旬を逃さず、豊富な栄養を摂り入れてみてくださいね。

意外に知らない?秋バテに注意

旬の食材を取り入れて、健康的で美しい身体を目指すことが大切とお伝えしてきました。
秋は、意外に知られていないですが「秋バテ」になってしまう方が多いのです。

秋は一年の中でも一日の気温差がとても大きく、日中はまだ暑いけど、朝晩は冷える。というような日が続きますよね。

一日の気温差が大きいと、自律神経が乱れやすくなります。
こんな風な状態が見られる方は、要注意です!

  • 食欲不振
  • 疲れやすい、気分が沈みがち
  • 免疫力が落ちて体調を崩しやすい

自立神経が乱れているなぁと感じる方には、下記のような対策が必要です。

  • 栄養たっぷりの食事
  • 湯船にゆっくりとつかる
  • 軽めの運動
  • 十分な睡眠などの休養
  • 身体を冷やさず、温める
  • リラックスできる時間を増やす

気温差によって自律神経が乱れやすいということを知っておくだけで、毎日のちょっとしたことに注意ができるようになるはずです。

こんな季節はなるべくゆったりと過ごすようにしてくださいね。
家と職場の往復で、なかなかゆっくりする時間がない方もいるかと思います。
家にいるとついつい家事をしたり、テレビやスマホを見てしまう方も多いですよね。
そんなときは、あえてサロンで休養する時間をつくってみてください。

仕事やスマホから離れて、何も考えない時間を過ごす事で、ストレスも緩和されます。

痩身機器は、減量やサイズダウンの目的以外にもつかえます。
全身をくまなく揉みほぐし、身体の中の老廃物を流すと、とてもすっきりとします。
帰り道には、身体が軽いと実感できるはずですよ。

また、リラックスしている間に、肌がぷるぷるに仕上がるフェイシャルメニューもあります。

エステサロンは、身体や肌の悩みがあるときに利用するイメージがあるかもしれませんが、疲れを取る、ゆっくり過ごすついでにキレイになる、というような使い方もおすすめですよ。

まとめ

秋に美味しい旬の食べ物や、秋バテについて紹介してきました。
旬の食べ物は美味しいだけでなく、栄養価も高い、そして低価格で手に入ります。
メリットづくしの秋の食べ物を積極的に摂り入れて、身体も心もいい状態に保ちましょう。

そして、秋バテをしないように、ゆっくり過ごす時間も大切にしてくださいね。
夏の疲れを秋のうちに解消し、内側から輝く身体で冬を迎えましょう!

  • はてなブックマーク
  • Google+