秋冬にむけてダメージレス肌へ!ごわつき改善のカギは角質ケア

「肌がごわごわして、かたい、化粧水が入りにくい・・・」、「吹き出物や肌荒れが目立つ・・・」。
秋が近づくと必ずといっていいほど出てくる、こんな肌のごわつきは、夏の紫外線から肌を守るため角質層が厚くなることが原因で起こります。

そして、気温や湿度の低下が重なってさらに乾燥が進み、ますますごわつき、肌が厚くなることも! そんなダメージとは無縁のなめらかな肌へと導くためには、お手入れもこの時季に合わせてひと工夫したいですね。

夏から秋に変わるこの時に、夏に受けたダメージをリセットしておくと、冬の乾燥シーズンも、キメの整ったなめらか肌でいられます。

そこで今回は、秋のごわつき改善のカギは、角質ケアにある!という点から、この時季ならではのスキンケアをご紹介していきましょう。

どうして秋冬になると、肌がごわついて分厚くなるの?

肌の乾燥を進ませる夏の紫外線が、ひとつの要因

夏の間、強い紫外線を浴びていると、肌は自分の力で紫外線をはねのけようと角質を厚くします。角質が厚くなると、肌は分厚くなってごわつきが生じます。
このような肌は、保湿力の高い化粧水を使っても浸透しにくくなり、肌へ十分な水分を届けることができません。したがって、さらに乾燥しやすい肌になるのです。

また紫外線を受けた肌には、活性酸素が発生しますから、肌のバリア機能が一気に下がります。このバリア機能には、肌に水分を蓄え、外界からの刺激をブロックする役割がありますが、それがなくなった肌の角質層はダメージを受けて、どんどん乾燥します。

その結果、肌を生まれ変わらせるターンオーバーが正常に働かず、新しい肌細胞が生まれにくくなるため、肌はガサガサ、ごわごわする肌になる、といった悪循環にはまっていってしまいます。

肌がごわつき、分厚くなるのは「洗いすぎ」が原因のことも⁉

秋を迎えた頃にごわついて、分厚くなってしまう肌は、実は、夏の洗顔の「洗いすぎ」が原因ということもあります。

夏の間は、ウォータープルーフタイプの下地やファンデーションを使いがちですよね。こういったアイテムは、夏の化粧崩れ防止の心強い味方だったかもしれませんが、メイク落としはしっかりと、洗顔も洗い上がりがさっぱりするタイプを使うことになります。

そんな洗顔を毎日続けるうちに、肌表面の皮脂を必要以上に奪っていたなんてことも…。水分と皮脂を失った肌の乾燥はさらに進み、ツヤのない、ごわついて、くすみも加わると老けた印象になってしまうのです。

ごわついた肌を秋冬前に解消したい! そのお手入れ方法とは?

肌をやわらかくするための、優しく角質をとるテクニック

これから紹介する方法は、どれも自分でいつものお手入れにプラスして実践できる、角質を取るためのセルフケアです。全部行わなくてよいので、どれか1つできそうなお手入れを加えてみましょう。

その1 洗顔料をたっぷり泡立て柔らかいブラシでマッサージ

夏の肌で硬くなってしまった肌は古い角質がそのまま、張りついた状態です。これでは、高価なスキンケアを使ってもなかなか効果がでません。そんな時には、自分で優しく角質を取り除いてあげましょう。

  1. ぬるま湯で顔を濡らし、顔全体に洗顔料を広げます。
  2. やわらかいチークブラシか、ガーゼなどを利用して、洗顔料を泡立てます。
  3. ②のブラシまたは、ガーゼで、優しく顔をぐるぐるマッサージします。

あくまでも優しく、ゴシゴシしないで、マッサージしてあげてください。

その2 ホットタオルのスチーム効果を利用する

硬くなってしまった角質は、熱めのお湯で温めたタオルでも取り除くことができます。この方法は、洗顔料は使わずなくても、そのまま優しく拭き取るだけでOKです。
特に、硬くなってくすんだ肌をやわらか肌にしたいときには、このスチーム効果でほぐしてしてから、スキンケアに入ると取り除きケアをすれば、くすみもなくなり明るい肌になります。

  1. やわらかいタオルかガーゼを濡らして、電子レンジで温める。
  2. それを、顔に乗せて30秒ほどしたら、くるくると肌をふき取ります。

その3 洗顔後は、乳液を先につけるようにする

秋冬は洗顔をした後、乳液を先に使うようにするだけでも、かなり肌がやわらかく、ほぐれたことを実感できます。

その4 洗顔後にオイルマッサージすれば、ほぐし効果大!

先に乳液をつけるのも、硬くなった肌をほぐす良い方法ですが、洗顔後すぐオイルをなじませてマッサージするのもおすすめです。

  1. 洗顔後、肌に水分が残っているくらいのタイミングで、オイルをなじませます。
  2. 手を握ってグーの形にして、肌が硬くなっている生え際をマッサージします。
  3. 次に、少し力を緩めておでこに移動してマッサージします。
  4. その後は、あごから頬に向けてマッサージします

その5 肌のごわつき対策! 角質ケアには拭き取り美容液

目元など、敏感な部分をふき取りするときに安心なのは、保湿成分たっぷりの美容液タイプです。美容液を肌になじませるようにして拭き取るのがコツ。

汚れが溜まりがちな生え際、耳の後ろ、あご先、フェイスラインから首は、古い角質が蓄積するエリアでもあります。拭き取りローションをコットンにたっぷり取ったら、クルクルと円を描くように拭いていきましょう。

秋冬は、肌をやわらかい状態に導くアイテムをプラス

気温と湿度は10月~11月に一気に低下するため、9月までは乾燥が気にならなくても、10月になったら急に乾燥肌になってしまった、という方もいらっしゃることでしょう。

また、急にごわつきを感じるのもこの季節。そんな時には、いつものお手入れにプラスして、肌をやわらかな状態に導いてくれる、導入化粧水をプラスしてみましょう。

導入液は、肌の表面の古い角質を溶かしてやわらかくし、水分が肌に入っていきやすい状態に戻してくれるアイテムなので、手軽にプラスできます。夏のダメージによる乾燥が気になる方、肌のごわつきが気になる方は、試していただきたいお手入れ方法です。

化粧水タイプのものからオイルタイプ、ジェルなど様々なものがありますが、乾燥肌の方は、「オイルタイプ」がおすすめ。化粧水と乳液のそれぞれの効果を最大限に生かして、本格的な乾燥シーズンを乗り切る力を蓄えましょう。

もしリニューアルするなら、肌をやわらかくする乳液を

肌がごわつき、分厚く感じるようになったら、まずは「かたくゴワついた肌をやわらかくする」こと。高価な美容液やクリームを購入しなくては!と思う方もいらっしゃると思いますが、肌の表面が厚くごわついていては、効果はでません。

そこでもし、リニューアルを考えるのなら乳液からが、おすすめです。

乳液の働きには、主に保湿作用(モイスト)と、肌にオイルの膜をはってくれる(エモリエント)があります。乳液は、乾燥肌に不足しがちな細胞間脂質と似た成分を配合し、保湿効果が多めで、それと、肌をやわらかくし水分の蒸発を防ぐ成分のエモリエントが、バランスよく配合されています。

保湿と肌をやわらかにするW効果のある乳液に変えてみるのも良い方法ですね。さらに、今は浸透力の高い乳液も多いので、肌がゴワついている場合は浸透力にも注目してみましょう。

まとめ

肌がうるおっている状態とは、水分がきちんと肌の角質層で保たれている肌のこと。また、肌をおおう皮脂膜も大切になってきますので、皮脂が足りないとせっかく保湿された水分が蒸発しやすくなり、乾燥しやすい肌になってしまうのです。

つまり、この2つが良いバランスで保たれていれば、肌が持つ本来のバリア機能や、保湿機能が働いて、うるおいのある肌が戻っています。

秋冬にダメージレスなお肌でいるためには、まずはごわつきの原因、古くなった角質を優しく取り除くことが第一です。そうして水分と皮脂が十分肌に入っていける状態を作ってあげてください。

ページトップへ