残暑バテにならない為にボディケア!(秋まで残る暑さで「脱水症状」「栄養不足」「自律神経の乱れ」「胃腸の不調」になりがちな身体をアデナルベーシックで免疫UP⤴⤴ホームケア)

「やっと涼しくなってきたと思ったら、真夏よりだるい…」
「胃もたれがして食欲がない…」

9月に入って少し涼しくなってくると、そういった声がよく聞かれます。
もしそんな症状に思い当たるなら、“残暑バテ”かも知れません。

秋は、スポーツや旅行を思いっきり楽しみたい季節。
美味しい物もたくさんあるのに、体調不良ではがっかりですよね。

そこでこの記事では、「残暑バテとは何か?」から、「残暑バテの原因」さらに、「残暑バテ対策」までを徹底解説します。

爽やかな秋を万全の体調で迎えられるよう、ぜひ最後までお読みくださいね!

残暑バテとは

残暑バテとは、真夏の疲れを残暑になってもそのまま持ち越し、様々な不調が現れた状態のことです。

真夏の過酷な暑さを乗り切った体は、思っている以上にダメージを受けています。
下は残暑バテの主な症状ですが、あなたはいくつ当てはまるでしょうか?

  • 体がだるくて疲れやすい
  • めまいや立ちくらみがある
  • 胃が重くて食欲がない
  • 微熱が出やすい
  • 寝つきが悪い・眠りが浅い
  • イライラしやすい
  • 頭痛がする

これらの症状がもし現れていたら、要注意です。

早目に対策を立てて、不調を改善しましょう。

残暑バテの原因

残暑バテの原因は、大きく分けて下の2つです。

  1. 夏の疲れ
  2. 夏から秋への季候の変化

では、1つずつ見ていきましょう。

(1)夏の疲れ

ここ数年の夏の暑さは、気温が35度に達する程の過酷なものです。

その暑さでまず疲れる上に、エアコンを効かせた屋内との温度差に自律神経が乱れて、血行不良などの不調を引き起こす人も多いでしょう。

さらに、夏場はどうしても冷たい食べ物や飲み物をとりがちなため、胃腸を冷やします。胃腸の冷えは、消化不良や血行不良を招き、食欲不振にもつながるのです。

(2)季候の変化

過酷な暑さが続く夏ですが、ある時期から急に、朝晩の気温が下がります。
しかし日中は暑いままなので、体が気温の変化についていけません。

しかも体は夏の暑さで免疫力が低下しているため、だるさを感じたり、風邪をひきやすくなったりといった不調を招くのです。

残暑バテ対策は、どうしたらいい?

夏の疲れが長引くことで起きる、残暑バテ。残暑バテ対策としては、下の5つの方法があります。

  1. お風呂で体を温める
  2. 軽めの運動やストレッチをする
  3. 体を温める食事を摂る
  4. ビタミンB群を摂る
  5. 就寝時は朝方の冷えに備える

では、ひとつずつ見ていきましょう。

(1)お風呂で体を温める

お風呂でゆっくりと体を温めることは、残暑バテの対策になります。残暑バテの原因の多くは、冷えからくる血行不良にあるからです。

お風呂はシャワーではなく、浴槽に38℃~39℃のぬるめのお湯をはって、ゆっくりとつかりましょう。体の芯から温まることで血行が良くなり、胃腸の機能も改善されます。

また、入浴時間は、就寝の1~2時間前がオススメ。リラックス効果で副交感神経が高まり、質の良い眠りに繋がります。

(2)軽めの運動やストレッチをする

残暑バテを防ぐには、ウォーキングなどの軽めの運動やストレッチも効果的です。

ウォーキングなどの軽めの運動には、ストレス解消効果があり、自律神経のバランスを整えてくれるからです。また、体を動かすことで食欲の増進効果も期待できます。

朝起きた時や夜寝る前にストレッチをするのも、体の凝りがほぐれて血行不良にも効果的ですよ。

残暑バテ対策として、ウォーキングやストレッチなどの軽めの運動を行いましょう。

(3)体を温める食事を摂る

残暑バテには、体を温める食事を摂るのもオススメです。

冷たい食べ物や飲み物で冷え切った胃腸を温めると、胃腸の働きが改善され、食欲不振にも効果が期待できるからです。

冷たいものは控えて、温かいスープや白湯などで体を温めましょう。

また、生姜やにんじん、にんにく、かぼちゃ、ゴボウといった根菜類には、体を温める作用があるので、積極的に摂りましょう。

残暑バテには、体を温める食事が効果的です。

(4)ビタミンB群を摂る

ビタミンB群を多く含む食品も、残暑バテに効果があります。

糖質や脂質、たんぱく質などは体のエネルギー源として大切ですが、ビタミンB群が不足していると、せっかく食べてもエネルギーに転換できません。

ビタミンB群は、食べたものをエネルギーに変える力を持つからです。

ビタミンB群を多く含む食品には、豚肉、ウナギ、納豆、エリンギ、玄米、ニンニク、海苔などがあります。

これらの食品をしっかり摂ると、残暑バテに効果があります。

(5)就寝時は朝方の冷えに備える

朝方の気温変化に対応できるよう、ベッドの側に薄手の毛布などを置いて寝るようにしましょう。また、エアコンはタイマーを使用して、気温が下がる朝方までに切れるようにすると良いでしょう。

残暑バテの体は、気温変化によって自律神経が乱れやすくなっているので、注意が必要です。

就寝時には、朝方の冷えに備えることを忘れないようにしましょう。

残暑バテ対策には「アデナルベーシック」がオススメ!

ここまで、残暑バテの原因と対策について解説してきましたが、やはり要となるのは、「栄養バランス」だと言えます。

ビタミンB群をはじめとする食品をバランスよく摂り、しっかり吸収することで免疫力がアップし、残暑バテから抜け出すことができます。

しかし家事や仕事に日々忙しくて、なかなか栄養バランスの摂れた食事は難しいという人が多いでしょう。

そんな方にオススメしたいのが、残暑バテ対策にぴったりの「アデナルベーシック」です!

アデナルベーシックとは

~アデナルベーシック~30包/7,000円(税別)~

アデナルベーシックとは、一体どんなサプリメントなのでしょう?

それでは、アデナルベーシックの特徴について、解説します!

【特徴1】1日に必要な栄養素がたった4粒で補える

アデナルベーシックは、1日に必要な栄養素がたった4粒で補える理想的なサプリメントで、別名を「宇宙ビタミン」とも呼ばれています。

「アデナルベーシックと水さえあれば生きていける」と言われるくらい、凄いパワーを持っているのです。

【特徴2】Tie2成分配合で、血管の老化を防ぎ、 代謝アップ!

アデナルベーシックには、Tie2成分が配合されており、血管の老化を防いで代謝をアップする効果があります。

Tie2(タイツー)とは、内皮細胞にある物質です。Tie2が活性化すると血流がスムーズになって、生活習慣病などの様々な病気から、私たちを守ってくれます。

逆に、Tie2が不足すると血液の流れが滞り、体の冷えや疲れなどの不調に繋がるのです。

アデナルベーシックにはこのTie2成分が配合されており、血管の老化を防ぎ、代謝をアップする効果があります。

【特徴3】活性酸素を除去!

夏の間、強力に降り注ぐ紫外線、過酷な暑さによるストレスや、エアコンの効いた室内と外の温度差などは、老化の最大の原因である活性酸素を生み出します。

残暑疲れの原因も、この活性酸素によるものだと言えるのです。

そして、活性酸素を除去するために必要とされるのが、各種ビタミンや銅、ナイアシンといった栄養素になります。

アデナルベーシックには、

  • ビタミンB1、B2、B6、B12、
  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • ナイアシン

が豊富に含まれ、体を錆びつかせる活性酸素を強力に除去!
活性酸素によって傷つけられた細胞を復元し、元気を取り戻します。

【特徴4】全てが補える最強サプリ!

アデナルベーシックは、痩せたい、肌を綺麗にしたい、バストアップしたい、健康になりたいなど、全てが補える最強サプリです!

これまでにない、最強のパワーを誇るサプリメントがアデナルベーシックなのです!

まとめ

残暑バテの原因や残暑バテ対策について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

夏の暑さは年々過酷さを増しています。それに伴うストレスもかなりのものなので、残暑バテを感じる方はますます増えているようです。

食事や生活習慣の見直しで改善できれば良いのですが、なかなかそうも行きませんね。そんな方は、今回ご紹介したサプリメント「アデナルベーシック」をぜひ試してみてください。

夏の疲れは夏の内に解消して、爽やかな秋を迎えましょう!

ページトップへ