マスク下のニキビ放っておくとシミに!? 修復できる施術はある?

毎日マスクをするからメイクは薄くして、スキンケアも気を使っているのに、肌荒れや吹き出物ができてしまう⁉ そんなお悩みが続いている方もいらっしゃることでしょう。

マスクの内側では雑菌の繁殖と乾燥が起きていて、お悩みの原因は少し複雑です。間違ったお手入れは逆効果ですから、正しく原因を理解しスキンケアを見直すことはもちろんですが、ニキビやシミの根本へアプローチしてくれる施術も視野に入れましょう。

これから、肌にダメージを与えずに修復するだけでなく、美肌に一番効果がある解決法とは何かをご紹介してきます。

マスク下では肌荒れや吹き出物ができやすいのはなぜ?

マスクの内側は呼吸によって湿度も温度も高くなっており、常に蒸された状態です。雑菌の繁殖が起こり、肌荒れやニキビの原因になりますが、不織布のマスクの摩擦が引き金になりアレルギー反応が起きたりもします。

マスクの素材を変え、ガーゼを一枚はさむのも良いかもしれませんが、根本的な解決法としてベストとはいえません。それはどうしてなのか、まずマスクがなぜ肌に悪い環境なのかを探っていきましょう

マスクをしている時だけでなく、はずす時こそ注意

マスクをはずし、肌が乾燥した外気にさらされると肌荒れが起きやすくなります。着用している間は湿度が保たれていますが、マスクを外すと急激に肌の水分が蒸発してしまいます。

蒸発するときには、肌の内側の角質層のうるおいまで一緒に蒸発してしまうため、乾燥が進んで肌荒れを招くことがあるのです。

つけたりはずしたりで肌のバリア機能が低下する

マスクを着けたりはずしたりすることで、温度と湿度の変化が起きます。この影響で肌はバリア機能が混乱して機能低下するので、肌荒れが起きやすくなります。

また不織布マスクは、摩擦で肌の角層がはがれやすく肌荒れを引き起こす原因にもなります。

汗と皮脂が過剰に分泌され皮脂腺が詰まる

高温多湿のマスクの中で汗や皮脂の分泌が多くなります。皮脂線が詰まりやすく、過剰な皮脂をエサとするアクネ菌が増えて炎症を起こすので、ニキビができやすくなります。

マスク下の肌荒れやニキビのお手入れポイント

マスクの下で起こる肌悩みで主なものは、肌荒れとニキビ&シミですが、原因はそれぞれ違いますから、それぞれ適したお手入れを実践する必要があります。これから家でできるお手入れのポイントをご紹介します。

肌荒れにはこのお手入れ!

1)化粧水が届く肌へ整える

マスクの着脱によって起こる肌荒れや乾燥には、化粧水が届きやすい肌へ整えることがポイントです。化粧水の前に導入化粧水を加えてお手入れしてみましょう。

2)肌のバリア機能をアップ

保湿ケアを入念にして、うるおいに加えてバリア機能をアップしましょう。うるおいを肌にとじ込めるクリームや美容液は、寒暖差による乾燥から肌を守り化粧水がより届くバランスを整えられます。

3)高保湿&アルコールフリーに注目

化粧品を見直す時には、セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸などが配合されて保湿力が高い化粧水を選んでみてください。アルコールは肌を乾燥させやすいので「アルコールフリー」もおすすめです。

ニキビや吹き出物にはこのお手入れ!

1)収れん化粧水を選ぶ

ニキビや吹き出物には、汗や皮脂の分泌やアクネ菌の繁殖を防いでくれる収れん化粧水がおすすめです。水分を補いながら肌を引き締め、皮脂や汗の分泌を抑えます。「トーニングローション」や「アストリンゼントローション」と呼ばれていることもあります。

2)ニキビ専用&オイルフリーに注目

抗菌、殺菌成分など厚生労働省認可の成分が一定量配合されている、「医薬部外品」や「薬用」のニキビ専用化粧水を選んでみてください。またニキビの餌となる油分が不使用の「オイルフリー」や植物由来のものも要チェックです。

※ニキビができた肌は敏感になっているので、コットンでなく手を使ってください。またニキビ部分のメイクは避けましょう。

シミにはこのお手入れ!

1)美白化粧水を選ぶ

おすすめはビタミンC誘導体が配合された化粧水です。メラニンの生成を抑えて、くすみ、そばかす、シミを防ぐことでも注目されています。さらに肌の老化を防ぐ抗酸化作用や代謝を活性化させ、ターンオーバーを正常にしてくれます。

2)メラニン&シミ対策用化粧水を選ぶ

メラニンの生成を抑える化粧水を選びましょう。浸透力が高く、ニキビ肌にもうるおいを与えるしっとりタイプなど、1年中使えるものを選ぶのもポイント。

肌にダメージを与えず、根本へアプローチしたいならサロンケア!

光で素肌を変える「フォトフェイシャル®」とは?

フォトフェイシャル®は、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる光を照射して、シミ・そばかすの原因になるメラニンや、赤ら顔の原因のヘモグロビンなどの色素に働きかけて改善してくれます。

あらゆる肌トラブルを同時に改善できる方法で、肌へのダメージが少なく施術が終わったら洗顔やメイクをすることができます。皮膚科医療の分野ではスタンダードといわれ、多くの専門医から支持される方法です。

美肌へ近づく!フォトフェイシャル®のメリット

シミ・そばかすを消してくれる

マスク下の環境で起ってしまったニキビや、ターンオーバーの低下によるシミ・そばかすにも、フォトフェイシャル®は真皮層に働きかけ細胞を活性化するので改善できます。
沈着したメラニン色素が浮き上がり、数日後に新陳代謝が活発になって徐々に薄くなります。

くすみも解消して美白肌へ

フォトフェイシャル®は、「光で顔を洗う」と例えられます。これは、紫外線による害を遮断して、肌に光エネルギーを照らし透明感のあるくすみのない肌を目指します。

年齢を重ねると深刻になるくすみ、たるみ、赤ら顔なども同時に改善して、本来肌が持つ透明感を取り戻してくれます。

内側から整え肌のキメとハリを出す

さらにコラーゲンを作り出す繊維芽細胞の働きを活性化することができるため、キメが整い肌にハリをもたらします。施術の時間は短く肌へのダメージも少ないので、終了後にすぐ洗顔やメイクをしても良い、というのがうれしいですね。

フォトフェイシャル®はお悩みにどう届く?

なぜ光で美肌になるの?

フォトフェイシャル®の光が、肌の内側に溜まったメラニンや毛細血管に到達します。すると光のエネルギーが熱に変わり、トラブルの原因にダメージを与えてその症状を解消します。
フォトフェイシャル®の光は、トラブルの原因のみに働きかけるため、健康な組織は傷つけずに済むのです。

レーザーとの違いは?

サロンエステでは、シミやそばかす、赤ら顔などはレーザーかフォトフェイシャル®を用いるのが一般的です。フォトフェイシャル®はレーザーとは違い、光を広く均一に照射することができるため複数の肌トラブルを一緒に治療することができます。

さらにフォトフェイシャル®は、カメラが発するフラッシュの光を浴びたような刺激はありますが、痛みはほぼありません。

オプションにイオン導入を選べば効果的!

施術にイオン導入を組み合わせることで、フォトフェイシャル®の効果は高まります。イオン化した薬剤は塗布するより200倍ほど効果がアップします。これは、ごく微弱な電流や超音波でイオン化された薬の方が深層まで届けられるためです。

導入する薬剤は、脂性の方や美白したい方にはビタミンC。くすみを解消して保湿を高めたい場合はトランサミン。毛穴トラブルにはグリシルグリシンなどがあります。薬剤はカウンセリングの上でお悩みによって選べます。

まとめ

マスク下では想像以上に肌に悪い環境が起きており、ターンオーバーが低下しています。そこで起こる肌荒れやニキビはなかなか治りませんし、口の周りというデリケートな部位なので、そんな時こそクリニックやサロンの施術を試すいいチャンスかもしれません。

フォトフェイシャル®はごくスタンダードな美肌施術ですから、アンチエイジングや敏感肌の方、初めてサロンエステを利用する方にもトライしやすい施術といえるのではないでしょうか。

ページトップへ