美しいバストラインを手に入れる!

皆さんは、自分の身体にコンプレックスはありますか?

太っているや痩せている、手足の長さや肌のトラブルなど…。
人によって様々なコンプレックスを抱えていると思います。
周りの人を羨ましく感じたり、なぜ自分はこうなんだろう…。と悩んだりもしますよね。

そんな中でも、バストについて悩む方はとっても多いです。
洋服の流行などに合わせて少しずつ、理想のバストラインは変わってくるようですが、いつの時代も悩みはつきません。
なかなか人には相談しづらく、自分でのケアが難しい部位ですよね。
今回はバストについて、悩みや注意点について紹介していきます。

バストにどんな悩みを抱えている?

ひとことでバストの悩みと言っても、内容は様々です。
では、バストに悩んでいる方は具体的にどんな悩みを抱えているのかを紹介します。
バストについてはあまり悩んでいない、という方も、「確かにここがこんな風に変われば、もっと自信がつくかも!」ということがあるかもしれません。

バストが小さい、大きい

バストの悩みの中で断トツに多いのが、バストサイズについての悩みです。
バストが小さくて自信が持てない方も多く、パットをたくさん入れていれていることもありますよね。
そして、逆にバストが大きいことに悩んでいる方もとてもたくさんいます。
バストラインが目立つのが嫌で、好きな洋服をなかなか着られなかったりするのも、とても悲しいですよね。

左右のサイズ差

左右のサイズ差の大小は人によって様々ですが、まったく同じという人はとても少ないです。
中には下着の片方にだけパットを入れて、サイズ差を調整しているという方もいます。
洋服の上からはあまり分からないので人には気づかれないかもしれませんが、鏡などで見るととても気になりますよね。
片方だけバストアップなんてことは可能なのか?と悩む方も多いようです。

ハリ、バストの上部のボリュームが少ないと感じる

年齢と共にバストにハリがなくなった、という方も多いです。
また、バストの上の部分のボリュームが少なくなった、という声も。
スキンケアと合わせて、筋トレやストレッチなどが効果的ですが、どんな風にしたらいいのか迷いますよね。

バストの位置が下がってきている

段々とバストの位置が下がってきているような…という声も多く聞きます。
年齢を重ねると共に気になってきた方や、産後の方、激しい運動をする機会が多い方も。
一般的には、左右の乳首の位置と鎖骨の間のくぼみの3点を結んだ三角形が正三角形だと、理想的なバストの位置だと言われています。
もしくは、二の腕の1/2の高さのところと乳首が同じ高さが理想的です。
バストを支えるクーパー靭帯や皮膚、大胸筋のケアが必要ですね。

左右のバストが離れている

左右のバストが離れていると、下着をつけたときにも美しい谷間ができにくくなってしまったり、バストが脇からはみ出して背中などに流れてしまうこともあります。
実際のサイズよりも小さく見えてしまったり、脂肪が流れてしまうということに悩む方も多いようです。

乾燥、ニキビ

バストのサイズや形以外にも、デコルテ部分の肌トラブルに悩む方も多いですよ。
デコルテは顔や背中に次いで皮脂分泌が多い部位です。
食生活や油分の過剰なスキンケア、髪につけたヘアオイルなどがデコルテに当たってニキビの原因になる場合も多いですよ。
ついつい忘れがちですが、デコルテもきちんとスキンケアをすることで、より透明感のあるふっくらとした肌が目指せます。

自信の持てるバストラインのために、避けるべき要因は?

では、理想のバストを目指すためにはどんな事に気を付ければいいのでしょうか。
バストにとって悪影響な要因について紹介していきます。
理想のバストを目指すために、できる限り気を付けて欲しい内容です。

考えられる原因は様々で、ひとつとは限りません。人によってはいくつも当てはま方もいるかと思います。
普段の生活を想像しながら、当てはまるものはないかチェックしてみてくださいね。

ストレスが多い

ストレスによって自律神経が乱れると、女性ホルモンの分泌が不安定になります。

運動不足

運動不足は血行不良や冷えにつながります。適度な運動や、ストレッチが必要です。

過度なダイエットをしている

女性ホルモンの分泌の低下につながります。

高カロリーな食事が多い

偏った食生活ではなく、良質なたんぱく質を摂ることがおすすめです。
また、ビタミンやミネラル不足にも注意が必要です。

タバコを吸う

女性ホルモンの分泌の低下につながります。

睡眠不足

女性ホルモンの分泌の低下につながります。
また、22~2時の間に睡眠をとると、女性ホルモンの分泌が最も多くなると言われているので、少なくとも0時までには寝られるように意識をしてみてくださいね。

猫背、同じ姿勢が長時間続く

猫背はバストサイズだけでなく、ハリやバスト位置にも影響してきます。デスクワークの際にも1時間に1回は簡単なストレッチを挟んだり、スマホを操作する際の姿勢にも注意してみてください。

過剰なアルコール摂取

肝機能が弱まると、女性ホルモンの分泌の低下につながります。

過剰なカフェインの摂取

女性ホルモンの分泌の低下につながるので、コーヒーは1日3杯までを意識してみてくださいね。

合っていない下着の着用

ノーブラ、サイズ違い、カップ付きインナーやパットの使用による締め付けなども、かえってバストラインを崩してしまう原因になります。必ず下着屋さんなどで採寸してもらうことがおすすめです。

身体の冷え

冷えは理想のバストの大敵です。バストのサイズや、柔らかさにも影響します。
お腹は冷えないように気を付けているという方も多いかと思いますが、バストも意外と冷えているので、自分でチェックしてみてくださいね。

サロンでのバストケア

バストケアにおいて、気をつけるべきポイントをお伝えしてきました。

理想のバストを目指すには、正しい下着の着け方から、寝るときの姿勢まで、日々の食事や生活習慣がとても大きく影響してきます。
そして、すぐには結果が出にくい部位だからこそ、手の届かないところのケアをサロンに任せてみるのもおすすめです。

バストのサイズや形には、バストだけでなくその周辺をほぐすことも影響します。
背中やワキをしっかりとほぐし、身体全体の循環を良くして、理想のバストラインに導くマッサージや、バストケアに特化したマシンをつかって女性ホルモンの分泌を促すことも。

親身なカウンセリングから始まり、バスト専用のパックまで行う「AYA豊胸メソッド」は、自宅でのケアや、気を付けるべきポイントのアドバイスも行います。
自分では気が付かなかった事も見つかるはずです。

バストについては、10代の頃から長い間悩んでいるという方も少なくありません。
友達などにも相談しにくい部位だからこそ、知識や技術豊富なスタッフと一緒に二人三脚で理想のバストラインを目指しませんか?

まとめ

バストについての様々な悩みや、サロンケアがおすすめな理由などを紹介してきました。
それぞれが理想に思うバストのサイズや形は様々です。

バストに自信が持てるようになるだけで、気持ちが明るくなり、姿勢がグッと良くなる人もいます。
着たいけど諦めていた洋服や、水着にも挑戦できるようになるかもしれません。

日頃からバストに悩む様々な方のお手伝いをしているプロにだからこそ、打ち明けられる悩みもきっとあるはずです。
今までバストについて悩み続けていたという方や産後でバストの形が変わってしまった方、大人になって諦めていたという方も、一度気軽に相談してみてくださいね。

ページトップへ