クレンジング、洗顔不足のくすみ・ざらつきは、角質ケアから!

女性を老けた印象にしてしまう、くすみ・ざらつき肌。「クレンジングと洗顔は毎日しているのに、なぜかひどくなる…」、と感じる方もいらっしゃることでしょう。

くすみやざらつきは、肌質に合わない化粧品や間違ったお手入れ方法を見直す前に、最初にしなくてはならないのが角質の除去。
でも、普段の洗顔だけでは真に角質を落とせていない可能性があり、季節の変わり目など原因が複雑に重なると、さらに取り除くのが難しくなるのです。

そこで今回は、美肌のカギとなる“角質除去”は美容のプロに任せて、そこをクリアしたらホームケアを見直す、といった改善策をご紹介します。
確実に角質除去して肌をトーンアップ! これからの乾燥時期も透明感あるつや肌を目指しましょう。

くすみ・ざらつき肌は角質を除去することから始めよう!

例えばナチュナルな素肌メイクが主流だからといって、優しめのクレンジングをしていたとしたら、角質を取るためには不十分かもしれません。
クレンジングで完全に化粧を落とし切れていないと、残った汚れが毛穴に詰まって、くすみやざらつきの原因になります。そんなお悩みはまず角質ケアから始めましょう。その後のお手入れがより効果的に行えますよ。

肌がざらざらする原因は角質肥厚

角質肥厚とは肌が生まれ変わるためのターンオーバーが乱れて、角質が厚く積み重なっている状態です。通常は、28日の周期で古い角質が自然に剥がれ落ちます。
しかし加齢やストレス、乾燥など様々な原因でターンオーバーが上手くいかず、角質は厚くなってしまいます。これがくすみ・ざらつきの原因になります。
不要な角質を除去し、ターンオーバーを整えることで改善していきます。

毛穴の角栓によってもザラザラする

肌のざらつきの原因には、毛穴に詰まった皮脂が固まってできる角栓(かくせん)によるものがあります。過剰に分泌された皮脂やメイク汚れで毛穴が詰まると、そのまま固まってしまい、それを角栓といいます。
角栓とは毛穴の中で皮脂や汚れが、ボコボコと詰まっているような状態。あごや小鼻まわりなどのざらつきに多く見られます。すべすべにするには角質除去が有効です。

乾燥やメラニン蓄積も影響する

乾燥やメラニンの蓄積でもくすみ・ざらつきは起こります。肌の表面が乾燥すると角質が毛羽立ってざらつき、その影でくすみに見えます。紫外線や活性酸素で肌が炎症したメラニン色素の蓄積も、くすみの原因。
この2つは保湿ケアを念入りにすることが大切ですが、その前に角質を除去すると浸透しやすく、メラニン色素を排出するのを助けターンオーバーを整えてくれます。

ディープクレンジングや毛穴吸引! エステサロンの賢い利用方法
顔のくすみ・ざらつきにおすすめのフェイシャルエステ

角質ケアは美容プロにお任せ!

市販のピーリング剤などを使って自宅でも角質ケアができます。ただピーリング剤は手の圧力や肌へ触れる加減などが難しいので、少し上級者向けのケアになります。

そこでおすすめなのが、一度サロンでフェイシャルケアをしてからホームケアを実践する方法。美容のプロの技術やサロンの先進施術で角質をきれいに取ってから、ホームケアを実践すると保湿も美白も効果的! すべすべ肌に戻してくれます。

サロンのディープクレンジングはここが違う!

例えば、フェイシャルエステでは、ディープクレンジングや毛穴吸引を行い、取れない毛穴の汚れや厚くなった角質を落とすことができます。
ホームケアではできない、プロのハンドマッサージや、ピーリングなどの施術を行って肌のターンオーバーを高めたり、ビタミンCやプラセンタなど、コラーゲンを育成する美容成分をイオン導入で肌の奥の真皮層にまで届けたり、ということもできます。

美容機器を使うサロンならではの“トリプルケア”

クレンジング・洗顔に、ディープクレンジングを加えたトリプルケアができるのが、サロンの魅力です。毛穴の角栓の吸引や、角質を除去するピーリングは、こする方法から、角質を溶解するケミカルピーリングやハーブピーリングがあります。

それらの施術を、スチーマーや美顔器といったマシンを使うのがサロンケアならでは。キメの細かなスチームで古くなった角質を柔らかくし、施術中の肌への負担を減らします。

また超音波のほか、光やイオン美容機器などを使って毛穴の角栓まで掃除することも可能です。サロンによって方法が様々ありますが、こういったディープクレンジングで角質や毛穴をきれいにすると、すばやく透明感のある肌を実感できます。

自分でもできるお顔のくすみ・ざらつき基本ケア

フェイシャルエステで角質を除去したお肌は、保湿や美容成分が入りやすく整った状態になっています。ご自宅でもケアを継続していけば、うるおいが肌奥まで浸透して、フワフワ透明なっていきます。

ここからはご自宅で試せるくすみ・ざらつき基本ケアを5つのポイントからご紹介していきます。毎日続けることでターンオーバーも整い、秋冬の乾燥時期もくすみ・ざらつきと無縁のつるつるお肌でいられますよ。

お手入れ不足のくすみ・ざらつき、ココを押さえて実践!

1 汚れは落とし、潤いを守るクレンジングと洗顔料を

AHAや酵素の入っているものは不要な角質を取ってくれますが、選ぶポイントは保湿成分が入っているかどうか。 クレンジングは、皮脂を取り過ぎずメイク汚れが落ちるクリームタイプがおすすめです。洗顔料も潤いを守りながら洗えるものを選んでください。

2 クレンジング液はたっぷり、洗顔は泡で優しく

クレンジング液は肌への摩擦を避けるため、“たっぷり”を心がけ、手で優しく刺激のないようになじませていきます。洗顔する時には、泡立てた泡で顔を包むようにして洗ってください。ブラシは使わない方が無難です。

3 クレイパックはスペシャルケアとして

クレイパックは、毛穴の中の皮脂を吸い取ってくれるので、毛穴詰まりでざらつきが目立つときに使って欲しいアイテムです。頻繁にするのでなくお手入れのスペシャルケアとして、たまに実践する程度が良いでしょう。

4 化粧水は重ねづけ&クリーム仕上げ

乾燥は、くすみの直接の原因になるだけではなく、正常なターンオーバーも妨げます。
保湿の効果を上げる方法は、たっぷりの化粧水を何回かに分けて手の平で押さえるように、重ねづけします。その後はクリームを薄く貼り付けていくように塗っていきます。厚く塗ると角栓の原因になるので気をつけて。

5 体を冷やさない&ビタミンCの摂取

バランスの良い食事と、特にビタミンCを摂っていただきたいです。ビタミンCは、コラーゲンを生成する助けになり、健康な肌の細胞を作るのに必要な栄養素です。
くすみとざらつきを解消するには、代謝を上げるために身体を温めて冷やさないようにすることも大事です。お風呂タイムをゆっくりとってお湯につかると良いでしょう。

まとめ

クレンジングや洗顔不足によるお顔のくすみ・ざらつきは、自分で肌を傷めずに取り去るのが難しい場合が多いです。このような角質は、エステサロンを賢く利用していただくと、あとはご自身のホームケアで、すべすべ肌をキープしやすくなります。
またスキンケアだけでなく、ターンオーバーが乱れないよう生活習慣にも十分に気をつけることも実践すると良いでしょう。バランスの良い食事をしてビタミンCを積極的に摂る、身体を温めるためにお湯につかりゆっくり入浴し、適度な運動と睡眠で生活リズムを整えることも、美肌を保つためにはとても重要なことです。

ページトップへ