姿勢を正すだけでダイエット!? その“ほどよい筋トレ”効果とは

ダイエットはしたいけれど、「食事制限はつらいし…」「毎日運動なんてぜったい無理!」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 
そんな方は、まず日ごろの姿勢を正してみてください。それだけでダイエットできる?と思われるかもしれませんが、実は姿勢を正すだけでもダイエット効果はあるんです。

食事を減らすのも、運動するのもできないという方も、毎日の姿勢を直すことだったら、今日からでも始められるはず。背筋をピンッと伸ばし、正しい姿勢を意識していざ!筋トレ! 
これから、姿勢を正すだけでできるダイエットについて、その理由と共にご紹介していきます。

姿勢が悪くなるとなぜ、太ってしまうの?

悪い姿勢のままでいると太って、ボディラインが崩れる原因になります。いくらきつい運動してダイエットをしても、姿勢が悪くては逆効果。では、なぜそのようなことが起きるのでしょうか。それには次のような理由があるのです。

使わない筋肉のまわりに、脂肪がつく

猫背になると、お腹の力が抜けている状態になります。この状態では筋肉が弱まり下腹部がぽっこり、太ももの前が張り、ボディラインが崩れてしまうのです。姿勢が崩れ、筋肉が使われなくなると、その筋肉の周りに脂肪がつきます。

背中の筋肉が弱くなると、太ももが太くなる

背中の肩甲骨の筋肉は、姿勢を保ったり歩いたりするのに働いています。でも、背中を丸めて肩甲骨の筋肉がサボっていると、それを補って太ももの筋肉が過剰に使われます。そのため、太ももはたくましくなって太くなります。

血行やリンパの流れが悪いと代謝が低下する

姿勢が悪いと骨格もゆがんで、筋肉が凝り固まってしまいます。そのため血行不良やリンパの流れが悪くなり、冷えやすく、代謝機能が低下してしまいます。体に老廃物をためこみ、便秘やむくみを生じやすく、脂肪を蓄積しやすい体質になってしまうのです。

気をつけたい! 無意識にしてしまう4つの姿勢

特に筋肉の衰えが目立ってくると、ついしてしまいがちな猫背、足組みそり腰、スマホ肩。この4つの姿勢が、どんなふうに体に響いているのかも知っておきましょう。

■猫背

猫背は背中が丸まって、頭が前に垂れ下がった姿勢。猫背により筋肉が弱まった背中や、緩んだお腹に脂肪がつきます。逆に太ももは筋肉が張って盛り上がるほか、肩こりや腰痛の原因にもなります。

■足組み&足開き

ついつい取ってしまう足を組む姿勢。無意識に多くの人が足を組んでいるか、足を開いた状態で座っているかもしれません。この2つの姿勢は、足の筋肉を衰えさせ、脂肪がつく、太くなる、O脚やX脚の原因になっていきます。

■反り腰

反り腰は、胸が前に出て腰が反った姿勢。腰回りの筋肉に負担がかかり、内臓下垂を引き起こします。内臓が下がると腸や血管などが圧迫され、腸の働きやリンパの流れが悪くなるので、便秘や下半身のむくみの原因になります。

■スマホ肩

スマホを見る時にはどうしても、両肩を狭めて首を下に出してしまいます。この肩を狭めて縮こまった姿勢が最近はスマホ肩といわれています。この姿勢を続けると肩こりや五十肩がひどくなることも。

今すぐはじめよう! “正しい姿勢をとるだけ”ダイエット

特別な運動などをしていなくても、姿勢を正すだけでエネルギーの消費が増える、という効果が期待できます。つまり基礎代謝があがって特別な運動をしなくても、”ほどよい筋トレ効果”が得られますよ。

逆に、悪い姿勢のままだと、筋肉を使っていない部分は代謝が悪くなり、脂肪がたまりやすくなります。悪い姿勢はダイエットに逆効果! 早めに直しておきましょう。

姿勢を正すとダイエットできる2つの理由

「我慢が多いダイエットは嫌だ」、「いろいろ制限があって、面倒な食事制限は続かない」、そんなあなたにおすすめしたいのが、正しい姿勢をとるだけのダイエットです。

姿勢を正すとダイエットできる2つの理由とは、
「インナーマッスルを鍛えられる」
「基礎代謝が上がる」

です。

姿勢を正せばインナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルは内臓を支える役割がありますから、姿勢を正すことで内臓が適切な位置に引き上げられ、ポッコリお腹も改善。スタイルが良く見えますよ。

また、筋肉は基礎代謝量が多い部位なので、インナーマッスルを鍛えればそれだけ基礎代謝量が多くなり、消費カロリーが増えて痩せることができるのです。

ダイエットに効く姿勢矯正法

まずは正しい姿勢で立つエクササイズからはじめましょう。
①~③の動きをゆっくり実践して正しい姿勢を意識します。

①壁を背にしてまっ直ぐ立ち、つま先を少し広げる
②頭、肩、背中、お尻、ふくらはぎ、かかとの5点を壁につける
③お腹とお尻に力を入れ、背中と壁に隙間ができないようにする

たったこれだけですが、腹筋や背筋のインナーマッスルを使う動きがあるので、少しきつく感じるかもしれません。でもこの姿勢矯正を普段からキープすることを意識するだけでも、ダイエット効果が期待できます。

次に正しい座り方のエクササイズです。
1日中座っていること多いと、だんだん姿勢が崩れていきます。意識してこまめに正しい座り方にしましょう。

①イスに深く座り、背中と背もたれの間はあまりあけない
②腰は曲げずにしっかり立たせ、背筋もしっかり伸ばす
③ひざの位置が股関節と同じ高さか、やや高くなるようにする
④足裏全体はしっかり床につける

長時間キープするのは大変ですが、良い姿勢で座るくせをつけるためにもぜひ試してみて下さい!

姿勢改善ダイエットのメリットとは?

ダイエットは運動や食事制限より姿勢改善で!

姿勢改善は筋肉を肥大させずに、ほどよく筋トレできる、というメリットがあります。ダイエットでとても大切な、基礎代謝をあげることが姿勢改善しながらできるのです。

筋トレが嫌いな人でも、姿勢を正すことなら思い立ってすぐ始められますね。いきなり厳しい食事制限や筋トレを始めるより、まずは姿勢を改善する方法をおすすめします。

姿勢を良くしただけで代謝が20%上がる!

姿勢を良くすることによって、消費エネルギーの大半を占める基礎代謝が20%もアップする、というメリットがあります。
消費エネルギーの60~75%は基礎代謝で消費され、運動での消費カロリーは意外と少ないのです。だから実は、運動だけで痩せるのは、なかなか難しいことなのです。

筋肉を”ほどよく使う”ので美的ボディに

姿勢を正して背中をまっすぐにすると、お腹や肩甲骨の筋肉を使っている感覚がありますよね。このように正しい姿勢を意識すると「姿勢筋」が鍛えられ、美しいボディラインになっていきます。筋トレで過剰に筋肉を発達させることなく、どこにも無理をかけずにほどよく筋肉を使うことで、女性らしい曲線を生かして痩せられます。

まとめ

姿勢が良いと、基礎代謝も格段に上がってボディラインも美しくなりますし、姿勢を正しくするだけで、怠けていた筋肉を鍛えられます。それに、ちょっと意識すれば、家事の合間や仕事中でも実践できるので、忙しくて運動なんて無理という方に特におすすめです。
体の消費エネルギーは、そのほとんどが基礎代謝でなされ、運動では痩せにくいといわれますから、なおさらですね。
さあ、これからは毎日の姿勢を正しくキープして、効果的に痩せながら太りにくい体質を手に入れていきましょう。

ページトップへ