夏に受けたダメージは秋に来る! 保湿の徹底で冬に負けない肌へ

もう紫外線は強くないし、暖房はまだ使わないから、秋の肌ケアは普通でいいと思われるかもしれません。でも秋の肌こそ、お手入れをしっかりしないといけない理由がたくさんあります。
それは、夏の紫外線、高温多湿による汗、冷房による乾燥を受けたダメージが表面化してくるのが秋ということ。さらにそんな夏のダメージをケアせず冬を迎えてしまうと、肌は乾燥に耐えきれず、シミやシワが深刻になってしまうともいわれています。
これから、冬の乾燥に負けない肌を作っておくために、秋にしておくべき保湿ケアについてご紹介していきます。

なぜ、夏に受けた肌のダメージは秋に来るの?

夏の紫外線で肌のバリア機能は壊され、高温多湿による汗や皮脂の過剰分泌では、肌の乾燥が進みます。この状態がターンオーバーを経て肌に現れるのがちょうど秋ごろ。バランスの乱れた肌は、くすみ、ざらつき、シミ、シワとなって現れます。
しかも、それをケアせず冬を迎えると大変なトラブルに見舞われてしまうことも!
まずは夏のダメージを和らげるため、効果的に保湿ケアをして冬の乾燥を防ぎましょう。

夏疲れした肌をカバーする秋の保湿ケア

秋は季節の変わり目ということもあって、ただでさえ肌はデリケート。それゆえ夏のダメージをカバーして、冬の乾燥に耐えうる肌を作るためには、無駄のない効果的な保湿が必要です。次のポイントに注意して保湿ケアをしていきましょう!

秋冬も紫外線対策は続けること

夏ほどではなくても、紫外線はなくなったわけではありませんから、秋以降も引き続き紫外線対策は必要です。特にUVAが肌へ及ぼす影響は、蓄積的なダメージにつながり、肌の奥の真皮まで侵入して、ハリや弾力を失わせ光老化の原因になります。

日焼け止めはもちろん、化粧下地やファンデーションにもUVカット効果のあるものを選び、毎日の紫外線対策を心がけましょう。

クレンジングは角質除去にこだわる

秋は肌のごわつきや、毛穴詰まりといったことが目立つ時期ですので、クレンジングはまずは角質除去を意識して行ってみましょう。

いくら高保湿成分を肌に与えても、角質が残っていると浸透していきません。角質を落とす成分が配合されたクレンジングは、保湿を浸透させ潤いをキープできる肌を作るために必要なアイテムです。
できれば角質を落とせる成分を含む、クリームタイプのクレンジングを選びましょう。

肌を保湿しキープさせること

肌悩みは乾燥から引き起されますから、秋のスキンケアでも1番のポイントが保湿です。紫外線対策もクレンジングも、保湿と保水を高めるためのケアとして取り入れましょう。その上で化粧水や乳液を使って、うるおいを補充していきます。

また肌は自然にうるおう機能を持っていますが、なぜ化粧水や乳液、クリームや美容液で補う必要があるのか理解するためにも、ここで肌と保湿の関係をご説明します。

保湿キープできる肌の仕組み
1)お肌の構造

肌には、肌を守る天然のバリア機能があります。肌の表面の「角質層」は、たっぷり水分がため込まれることで、バリアの役目を果たしています。
この角質層で、細胞と細胞の間に満ちている水分が「天然保湿因子(NMF)」です。そしてこの水分を角質層に留めている役目をしているのが「細胞間脂質」です。

2)肌バリアは乾燥で壊れる

肌のバリア機能は、肌細胞と天然保湿因子、それに細胞間脂質の間で、水分と油分がバランスを保って成立しています。水分不足によってバランスが崩れて、バリア機能は壊れてしまいます。

3つの保湿成分「セラミド」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」をとり入れよう

保湿化粧品を選ぶ際には、効果的に保湿をしてくれる成分にこだわりたいものです。そこで知っておきたい保湿成分を3つピックアップしてみました。
それがセラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸。この名前を聞いたことがあるかもしれませんが、どんなふうに肌によいのか、ご紹介していきます。

セラミド

セラミドは肌の表面の「角質層」にある成分で、角質層の水分のほとんどがセラミドなどの脂肪間脂質で守られています。水分を挟んで肌のうるおいをキープしてくれるセラミドは、「最強の保湿成分」ともいわれています。
セラミドが不足すると、肌のうるおいやバリア機能が低下し、乾燥などの刺激にも弱くなります。冬の乾燥や肌荒れから肌を守るために、ぜひ取り入れたい成分ですね

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は肌の奥の真皮層にある成分です。1gで6リットルもの水を抱え込む、保水能力を持っているといわれています。
サイエンスの力で、通常のヒアルロン酸の100分の1程の低分子のヒアルロン酸が開発され、肌表面でうるおうだけでなく、深く浸透することが可能になりました。
乾燥に強く、水分の蒸発を最小限にとどめるため、乾燥が気になる冬のケアに欠かせない成分といえるでしょう。

アミノ酸

肌のうるおいを保つ「天然保湿因子(NMF)」の半分がアミノ酸でできています。アミノ酸はターンオーバーを正常化させ、コラーゲンの生成をサポート、バリア機能を正常にし、肌にうるおいを与える、という働きがあります。
またコラーゲンの約1/3000という極小サイズのアミノ酸分子が開発されたことで、アミノ酸を肌の奥まで届けることができます。保湿を効果的に補給したい場合には欠かせない成分です。

基礎化粧品にはそれぞれ大切な役割がある

保湿に役立つ基礎化粧品には、化粧水に乳液、美容液、クリームなどがあります。でも、全部つけなくちゃいけないの? といった疑問もあるかと思いますので、アイテム別に成分や役割を見ていきましょう。保湿をしっかりするために、必要な役目をしていることが分かりますよ。

化粧水 【肌へ水分をたっぷり補給する】

化粧水やローションの主成分は水分。肌に不足した水分を補うのが主な役目です。ヒアルロン酸やアミノ酸などの保湿成分が配合された化粧水を使用しましょう。
さらに肌を必要な水分で満たすためには、化粧水はたっぷり使うことを意識してください。

乳液 【うるおいを保ちお肌を柔らかくする】

乳液の主な成分は、水分と油分です。それらを混合させるため界面活性剤(乳化剤)が使われます。細胞間脂質の「セラミド」が含まれているものもあります。
乳液は油分が多く配合されているため、保水力も高く、うるおいを保ち続けるよう働くので肌がふっくら柔らかくなります。

保湿クリーム 【ふたをして水分を逃がさない】

保湿クリームには、油分のほかにヒアルロン酸、アミノ酸、コラーゲン、セラミド、ホホバオイルなどの美容成分がたっぷり含まれています。表面に膜を張り水分の蒸発を逃がさない役割のほか、保湿やハリ、美白効果が高いので、気になる部分に丁寧に重ねづけるなどがおすすめです。

美容液  【スペシャルケアに】

これまでがベーシックケアとしたら、美容液はスペシャルケアのカテゴリー。美容液には、うるおい補給、シワ改善、美白、ニキビ用、皮脂分泌抑制、紫外線防止など効能別に様々種類があります。
ある特定の効果に特化した化粧品なので、ベーシックケアをして、さらにもっと保湿を強化したいときに、取り入れていただきたいアイテムです。

まとめ

夏のダメージをカバーするための秋のスキンケア方法をご紹介してきました。肌は水分と油分のバランスで成り立っているので、夏疲れした肌には、まず効果的に保湿を与えるよう心がけること。またクレンジングや化粧水、乳液、クリームには、それぞれ肌の奥まで保湿成分を届ける働きを分担していますので、手を抜かずに行っていきましょう。

生活習慣もスキンケアに大きく影響を与えています。十分な睡眠やバランスの取れた食事、ストレスフリーな生活で内側からのケアも、肌にとって大切なことを忘れずに。

ページトップへ