代謝が上がる【冬】は痩せやすい季節?!冬太りの原因を徹底追及

  • 冬は太りやすいからダイエットもやる気が出ない
  • 夏の間に痩せておくべきだったかな…

このように感じているみなさんに朗報です!なんと一番痩せやすい時期は、代謝が上がる【冬】だというのをご存知ですか?
今回は、痩せやすい冬にダイエットを成功させるポイントと冬太りの原因を徹底解説。ぜひ自分に最適な方法を探って、無理なく効率の良いダイエットに挑戦してみましょう。

実は、冬は夏よりも痩せやすい季節!

「冬は脂肪を溜め込みやすいイメージがある」と思っている方も多いかもしれませんが、実は、冬の方が夏よりも痩せやすい季節なんです。

というのも人間は恒温動物という動物の一種で、どんな気温の時にも体温を一定に保とうとする機能が備わっています。つまり、寒い冬の時期には体温をグッとあげるためにこの機能が働くのです。体温を上げるためには脂肪を燃やさなければいけないため、必然的に基礎代謝が向上し、カロリーの消費にもつながります。

冬はこの体の機能を賢く利用してあげることで、夏よりもスムーズにダイエットが成功するはず。そのためにまずは、「冬は痩せやすい季節」ということを常に意識して過ごしてみましょう。

冬太りの原因とは?

冬は夏よりも痩せやすい季節だということがわかっていただけたかと思います。しかしなぜ、私たちは毎年冬太りに悩んでしまうのでしょうか?こちらの項目で確認していきましょう。

イベントでのヘビーな食事

クリスマス、お正月、忘年会、新年会、バレンタインデー…冬は豪華な食事とともに文化や新年を祝うイベントが盛り沢山。人によってはさまざまなパーティーに出席したり、会社の付き合いで飲み会などに参加しなければならない方も少なくないでしょう。

こうしたイベントでいただくお料理は、揚げ物、塩分の多いもの、糖分を大量に含んだものなど、体に長く蓄積して脂肪になってしまうものばかり。「ついつい何かをつまんでしまう」「一年に1回のことだし…」と、気が緩んでお腹一杯になるまで食べていませんか?

アルコールの摂取量が増える

イベントやパーティーが重なるということにも共通しますが、冬は食事の量だけでなく、アルコールの摂取量も増えてしまう季節。何を飲むかにもよりますが、ワイン、ビールなどの醸造酒をはじめ、梅酒やリキュールなどの混成酒が好きな方は特に注意が必要です。糖度を多く含んでいるため、脂肪になりやすく、体を冷やしてしまいます。

日照時間が短くなる

冬は夏よりも日が出ている時間が短くなりますよね。一見ダイエットには関係のない話のようにも思えますが、実は日照時間と私たちの体は密接に関わっています。
というのも、体の日照時間が短くなると、幸せホルモンと呼ばれる”セロトニン”の量が減少する傾向にあるのです。そしてこのセロトニン物質が減少すると、過食気味になったり睡眠不振になったりと、さまざまな健康被害を引き起こします。

食欲をコントロールする力や良質な睡眠は、ダイエットに欠かせない要素のひとつ。不規則な生活や日照時間が減ってしまうライフスタイルは、冬太りの原因になるのです。

寒さによる血行不良

寒さが厳しくなると、私たちの体は血行不良気味になります。意識して体を動かしたり筋肉をつけたりなどの工夫をしていないと、時に慢性的な肩こりや首のこりなどで体がガチガチに凝り固まってしまうことも…
このように血行不良が慢性化してしまうと、体の隅々まで活発に血流が行き渡らず、脂肪を溜め込みやすい体質になってしまいます。

外出が減る

寒さや雪などの影響で、冬は外出が減ってしまうという方も少なくないでしょう。家の中にいる場合にも、コタツでボーッと過ごしたりベッドでゴロゴロしたり….冬の幸せを満喫するとなると、どうしても運動から遠ざかってしまいます。
日々の通勤もお正月休みにはありません。意識的に運動をしないと、口にしたカロリーが消費されず蓄積されるだけなのです。

冬のダイエットを成功させる5つのポイント

では冬太りの原因を知った上で、ダイエットを成功させるポイントをご紹介していきます。今回は、誰でも明日から始められる簡単な意識改革やちょっとした暮らしの工夫をご紹介します。

イベントの食事は量や食べるものを決める

まず、避けては通れないイベントやパーティーなどでの食事やアルコールは、量や口にするものを限定します。

  • 揚げ物は口にしない!
  • 野菜などのヘルシーなものを積極的に摂る
  • 体を冷やす冷たいお料理は避ける

このように、あらかじめ自分ルールを決めておくのがおすすめです。しかし、お肉などのタンパク質を一切取らないなどの極端な食事はやめましょう。無理をすると、逆に体調不良を招いてしまいます。

また、お酒はブランデーを使ったものがカロリー・糖度ともに低くベター。オレンジジュースやジンジャーエールで割ったお酒は糖度が高いため、避けた方が良いでしょう。
さらに空腹の状態でたくさん食べてしまうのを防ぐためにも、お呼ばれのイベント前には水を1杯飲んでおくのもおすすめ。とても簡単で手軽に空腹を紛らわすことができます。

生活リズムを整える

不規則な生活の中で急にダイエットを実施するから、心身にも負担がかかりストレスになってしまうのです。しかし、しっかり生活リズムを整えてそれを習慣にしてしまえば、ダイエットも苦ではありません。
特に日照時間が短い冬は、起床してからたっぷりの日の光を浴びることが大切。体に朝と夜の区別をはっきりと覚えさせることで、良質な睡眠、自律神経の安定にもつながります。健康的な体があってこそのダイエットです。まずは改めて現在の生活を見直してみましょう。

こまめに運動

筋肉がつくことで代謝が上がり、痩せやすい体質へと変化します。そのため、おすすめの運動は筋トレです。寒さが苦手な方や忙しい方は家出できる簡単なものでOK!1日10回のスクワットや腹筋から始めましょう。

体を温める

冷えはダイエットのみならず、万病の元です。体が冷えやすいこの時期は、意識的に体の芯から温まるような習慣を心がけましょう。
具体的には、湯船にしっかり使ったり、根菜を積極的に取り入れたり、腹巻をしたりなど。特に首、手首、足首の「3つの首」と、「胃や腸」などの内臓を温めるのが◎

運動が続かない人は、エステがおすすめ

運動をした方が良いとわかっていても、「どうしても続かない」「ついつい怠けてしまう」という方もいらっしゃるかと思います。そのような場合は、痩身エステがおすすめです。習慣的に通うことで、きっと目に見える効果が実感できますよ。
エステでは、施術だけでなくダイエットのコツやひとりひとりに最適な痩せ方を提案してくれます。誰かに励まされることで、モチベーションUPにもつながりますよ。

冬に効率の良いダイエットを叶えよう

さまざまなイベントが重なったり、アルコールを口にする機会が増えたりする冬は、まさにダイエッターの宿敵。しかし冬太りの原因を細かく追及しダイエットのコツを抑えれば、夏よりも効率の良いスタイルアップが叶います。
痩せるのには一定の期間が必要ですが、太るのは一瞬。気の緩んでしまうお正月やクリスマスにも、油断は禁物です。ぜひ今年の冬は気を引き締めて、ダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか?

ページトップへ