ダイエットでは増えた脂肪細胞は減らない? その理由と改善法

ダイエットをしている方にとって、増えた脂肪細胞は悩みの種。脂肪細胞さえ減ってくれれば、きつい食事制限や運動をしなくていいですし、体脂肪だって減るからスリムできれいな体形になることができますよね。
でも残念ながら、基本的に一度増えた脂肪細胞はずっと残ったまま、ダイエットしても減らすことはできないんです。
では、なぜ一度増えた脂肪細胞は減らないのでしょうか。これから、脂肪細胞が減らない理由について説明していきながら、痩せたいのに減らせない脂肪細胞にどう対処すれば良いのか、その減らす方法についても紹介していきましょう!

増えた脂肪細胞は、ダイエットでは減らせない!

どうして脂肪細胞は増えるの?

脂肪細胞一つが蓄えられる中性脂肪の量は決まっていますので、その容量をオーバーすると細胞の数を増やすことで貯めようとします。
食べ過ぎや、運動不足による過剰な栄養や脂肪を貯めこむためには、一つの細胞が肥大するだけでは対処できません。脂肪細胞を分裂させて、数を増やすしかないということなのです。

太る体質は、思春期までの脂肪細胞の数で決まる?

脂肪細胞は、胎児期と乳児期、そして思春期に増えますが、もしこの成長期に太った経験があると、普通の体型の方より細胞の数が増えた状態になっています。
ただ思春期を過ぎると細胞数はそのまま固定し、変化することはほとんどなくなります。つまり成長期に増えた脂肪細胞の数は思春期からは変わらないので、もしそれまでに太った経験があると、太りやすい体質はそこで決まってしまうのです。

増えた脂肪細胞は、基本的に減らせない

脂肪細胞は、普通にダイエットをするだけでは減らすことはできません。脂肪細胞を小さくすることはできても、基本的に一度増えた脂肪細胞はずっと残ったままで、減らすことはできないんですね。
さらに年齢を重ね、女性ホルモンの減少で基礎代謝も落ち、中性脂肪がたまりやすくなると、太りやすく痩せにくい傾向が加速します。
特に脂肪細胞の数が多いと、それだけため込める容量も多いので、ダイエットしても”痩せにくい”ということになります。

肥大した脂肪細胞は、体に悪いホルモンも分泌する?

体内のさまざまな機能を調節するホルモンは、臓器からの分泌が主ですが、実は脂肪細胞からも分泌されるといわれています。
そこで問題なのは、脂肪細胞から分泌されるホルモンには、体に良い働きと悪い働きをするものがあるということ。そものことも知っておきたい点です。

肥大のない脂肪細胞は、善玉ホルモンを分泌

太っていない方の肥大のない細胞からは、体に良い働きをするホルモン(善玉サイトカイン)の、レプチンとアディポネクチンなどが分泌されます。
レプチンは食欲を抑える働きがあり、アディポネクチンには血圧や中性脂肪、血糖値などを低下させ、動脈硬化の予防改善に効果があるとされます。

肥大した脂肪細胞は、悪玉ホルモンを分泌

一方、太ったために肥大した脂肪細胞からは、体に悪い働きをするホルモン、すなわちPAI-1やHB-EGF、TNF-α、アンジオテンシノーゲンなどの悪玉サイトカインが分泌されます。
これらは血管を収縮させて血圧を上げ、血栓ができやすくなり、動脈硬化や糖尿病の原因になります。

どうしても脂肪細胞を減らしたい! 何か方法はある?

脂肪細胞の数が減らないと痩せないし、肥満で肥大した脂肪細胞からは体に悪いホルモンも分泌されると知ったら、どうしても脂肪細胞を減らしたい!と思う方もいらっしゃるでしょう。
そんな時は、エステサロンや美容外科クリニックでの施術をおすすめします。安全にきれいに脂肪細胞を減らしてくれますから、無理することなく、スラリとした痩せ体質を目指せますよ!

こんなにある! 脂肪細胞を減らす美容サロンの施術

本気で脂肪細胞の数を減らしたい方のために、エステサロンなどで行われる一般的な脂肪細胞を減らす施術をご紹介します。

キャビテーション

キャビテーションとは超音波を使って、脂肪細胞を減らす方法です。 キャビテーション専用のマシンから、脂肪細胞にだけ反応する超音波を発して、脂肪細胞の中で気泡を生じさせます。
その気泡がはじける衝撃で脂肪細胞も破壊することができます。破壊された脂肪細胞は、老廃物となって体外へ排出されます。
このキャビテーションは、痛みを感じることなく施術できるのが一番のメリット。施術後は多少の筋肉痛やしびれがあることがありますが、日常生活に支障はほとんどなく、施術を後は、いつも通りに仕事や家事をすることができます。

メソセラピー

メソセラピーとは、脂肪を溶かしてくれる成分を注射することで、脂肪細胞を溶かして、数を減らしていく方法です。メソセラピーは、気になる部分に注射するだけで、脂肪細胞を減らすことができます。
ただし、施術後すぐ効果が実感できるということではなく、ほぼ1から2ケ月後に「痩せた」とか「脂肪細胞の数が減ったのかも」といった実感を得られるようになります。
脂肪がついてしまったお尻や太ももなどは、細くなったと感じるまでには、2週間おき程度で、数回施術を受けることもあります。

リポレーザー

リポレーザーは、まず注射針のような細い管で、脂肪細胞を減らしたい場所に挿入し、その部分にレーザーを照射して脂肪細胞を壊していきます。
リポレーザーにかかる時間は、10~20分ほどで、たった1回でも効果を得られるという施術です。また、リポレーザーには止血効果もありますから、出血もほとんどありません。

まずはお試し的に脂肪細胞を減らしたい方や、今すぐ減らしたいという人にもおすすめです。さらにこのレーザーは皮膚のコラーゲンの生成を活性化する働きがあるので、脂肪細胞が減らす施術で、肌のハリ、つやも期待できるという嬉しいW効果もあります。

ゼルティック

ゼルティックは、脂肪細胞を凍らせることで、脂肪細胞を減らすことができるという方法です。 皮膚は脂肪と水分が含みますが、脂肪は4℃、水分は0℃ぐらいで凍ります。
この温度差があるので脂肪だけを凍らせて、脂肪細胞を破壊することが可能です。 この施術はアプリケーションを装着して行い、注射針やメスを使わないので痛みもほとんどないというメリットがあります。
破壊された脂肪細胞は、数週間から数ヶ月ほどかけて、体の外に排出されていきます。

脂肪吸引

脂肪吸引は、1回の施術で広い範囲の脂肪細胞を取り除くことができます。メスを使って細い管を脂肪に挿入して、脂肪細胞を吸引しながら数を減らしていきます。
脂肪吸引は美容外科の手術になりますので、施術の前には検査が必要で、術後はサポーターなどを付けて患部の腫れや、化膿を予防しなければいけないなど、多少のリスクが伴う方法です。

まとめ

これまで、増えた脂肪細胞が減らない理由や、脂肪細胞を減らす方法について見てきました。確かに増えた脂肪細胞は減らすことができませんが、一般的な体形の方と比べて、痩せにくい傾向があるということで、命にかかわる体質というわけではありません。
脂肪細胞の数が多い方も食生活に気を付け運動をすることで、一つ一つの脂肪細胞が小さくすることはできますし、痩せて理想の体型にも近づけます。
ただ自分の体質が原因で、何をしても痩せないと悩まれている方は、エステや美容外科クリニックで相談してみましょう。安全で美しく脂肪細胞を減らせて、スムーズにお悩み解消できますよ。

ページトップへ