夏のダメージを残さない肌づくりとは?

毎日暑い日が続きますね。気温がとても高く、強烈な紫外線が降り注いでいます。
日傘や帽子、日焼け止めなど、毎日の紫外線対策に忙しい方も多いはずです。
しかし、紫外線対策をしているのにも関わらず、毎年秋のはじめ頃になると肌の乾燥やくすみが気になるという方もいるのではないでしょうか。
それは、夏に受けたダメージがお肌に蓄積しているからかもしれません。
夏の紫外線やその他の要因によるダメージは、その後のお肌へとても大きな影響を及ぼします。
肌悩みに気づいてからではケアが大変なので、予防を行うようにしましょう。ダメージを秋以降に残さないためには、紫外線を浴びた後のいたわりケアが重要です。
今回は、夏にしておきたい日々のケアを紹介します。うるおいとツヤのある、若々しい肌を保ちましょう!

乾燥

お肌の乾燥と言えば冬をイメージする方も多いですよね。しかし、紫外線は日焼けを招くだけでなく、肌表面の水分を奪ってお肌の乾燥を招きます。そのうえ、冷房の風を一日中浴びているという方も少なくありません。皮膚の薄い目や口の周りは特にかさかさに乾燥して、粉をふいてしまうこともあります。

肌荒れ

紫外線を浴びることによるほてりや炎症をそのままにしておくと、肌荒れの原因になります。中には赤みやかゆみが続き、がさがさとした手触りのお肌になってしまうことも。
クレンジングで落とし切れなかった日焼け止めや、反対に、擦りすぎによる肌荒れなども見られます。汗をぬぐうときにも、タオルでごしごしと擦ってしまっていないか、普段の生活でも注意してみましょう。

しわ、たるみ

紫外線を浴びたお肌は乾燥だけでなく、しわやたるみなどにも影響を及ぼします。
紫外線が肌のコラーゲン組織を破壊し、お肌のハリや弾力を奪う原因に。また、夏バテなどによる栄養不足も、お肌の弾力不足の原因になります。

テカリ、ニキビ

夏は気温が高く、汗や皮脂も多く分泌されます。肌のテカリが気になるからと、お肌の保湿を不十分なままにしておくと、余計に皮脂が多く分泌されてしまいます。毛穴のつまりやニキビの原因に繋がります。顔だけでなく、背中やデコルテなどにもニキビのできやすい季節です。

くすみ

肌の乾燥は透明感を失わせ、くすんだ印象に。
そして冷房による冷えは、身体の血行不良を招きます。肌のターンオーバーを妨げ、古い角質が肌表面にとどまることでくすみの原因になります。
冷えの原因は冷房だけでなく、汗をかいたまま放置することや、冷たい飲み物やアイスなどの摂りすぎによっても引き起こされます。

ダメージを残さないための日々のケア

では、夏のお肌を守るためにはどんなケアをすればいいのでしょうか。特別なケアは必要ではなく、普段の生活の中で少しやり方を変えることが大切です。

汗はやさしく拭き取る

かいた汗を、タオルでごしごしと拭き取っていませんか?
肌に摩擦を与えるのは禁物です。乾燥やしわ、たるみを防ぐためにも、優しくおさえるように拭き取りましょう。汗を拭かずにそのままにしておくのも、雑菌の繁殖やあせもの原因になってしまうのでおすすめしません。
ティッシュやタオル、アルコールの含まれていない汗拭きシートなどを持ち歩くようにしましょう。

お肌のほてりはその日のうちにケア

紫外線を浴びた肌は赤くなり、熱を持ちます。このような日焼けは、軽いやけどと同じような状態です。このまま放っておくと乾燥や赤み、肌荒れに繋がります。
赤みやほてりがある内は、冷たい水で濡らしたタオルなどでしっかりと冷やすようにしましょう。
普段のスキンケアで乳液やクリームなどをつかっている場合は、一旦控えてもOKです。お肌に水分を閉じ込める役割が、熱を閉じ込めてしまうためです。
その日の内は化粧水なども塗らずに、冷やすだけのケアでもいいでしょう。

夏でも保湿はしっかり

夏はべたつきなどが気になって、ついついスキンケアをサボりがちになる方も多いですよね。
しかし、夏のお肌はとても乾燥しています。
化粧水だけでスキンケアを完結させてしまうと、かえって肌の水分が蒸発して乾燥を招いてしまうことに。
先に紹介したように、赤みやほてりがない場合はいつも通りしっかりと保湿をするようにしましょう。
気温が高く、お肌の水分が奪われやすい夏。さっぱりタイプの化粧水やクリームをたっぷり塗るのがおすすめです。心地よいミストタイプの化粧水なども販売しているので、べたつきが苦手な方はぜひ試してみてくださいね。

スキンケア化粧品は冷蔵庫で冷やさない

化粧水や美容液を冷蔵庫で冷やしてつかっている方もいるのではないでしょうか。ひんやりして気持ちいいですよね。
しかしながら、ほとんどの化粧品は常温で保管されることを想定してつくられています。
冷蔵庫に入れているときと、常温のところでつかうときとの温度差によって、化粧品が傷んでしまうことも。
説明書きに「冷蔵庫で保管してください。」などと記載がない限りは、常温で保管するようにしましょう。

手軽に食べられる食事

軽い夏バテによる、身体のだるさはどうしても起こりやすいですよね。
料理も暑くて面倒くさい、食欲もない、とジュースやアイスばかり食べていませんか?
冷たいものや、栄養価の少ないものばかり食べていると、余計に夏バテが悪化してしまいます。
夏はコンロの火をつかうのも億劫になりがち。できるだけ手軽に食べられて、栄養価の高い食事が理想的です。
麺類などで食事を済ませていると、ビタミンやタンパク質が不足してしまいがち。豆腐や枝豆などの豆類や、豚肉などをさっと茹でて冷しゃぶにして食べるのがおすすめです。
疲労回復や食欲増進のためには、梅干しや酢のものなど、クエン酸の含まれるものを積極的に摂るようにしてみてくださいね。

サプリメントを摂り入れる

夏バテで食事内容が偏ってしまいがちな方は、サプリメントを上手に利用するのもおすすめです。特に夏のお肌におすすめなのは次のとおりです。

  • ビタミンC
  • プラセンタ
  • コラーゲン

メラニンの生成を抑え、シミや肌のたるみを予防します。透明感のある滑らかな肌を目指す方は、試してみてくださいね。

エステサロンでスペシャルケアも

夏のダメージをあとに残さないためには、サロンでフェイシャルケアを受けるのもおすすめです。普段自分ではできないようなケアをすることで肌に活力を与え、ホームケアの意識も上がります。
定期的に通っていない方も、数か月に一度はお肌のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。お肌にほてりがある場合は施術できないことがあるので、日焼けの直後などはほてりが落ち着いてから来店するよう、注意してくださいね。

まとめ

夏の紫外線などによる肌への影響や、日々のケアについて紹介してきました。
日焼け止めさえ塗っておけば大丈夫と、ついつい思ってしまいがちですが、蓄積した肌ダメージは、様々なお肌の悩みへと繋がります。
日々のちょっとしたケアで秋以降の肌は随分と変わります。
まだまだしばらく続く暑い夏。適切なスキンケアで乗り切りましょう!
適度な休息や水分補給、栄養のある食事も忘れずに、活き活きと過ごしましょう!

横浜エステサロンAYAのページトップへ