身体のモト・・・アミノ酸で代謝を上げよう!!その1 (ダイエット 横浜)

皆さまこんにちは(^^)

綱島店の宮田です

アミノ酸って皆さん摂れていますか?

アミノ酸て何でしょうか?

身体って60%の水分とたんぱく質20%その他20%で出来ています。

たんぱく質の最小構成単位なので・・・人間の生命活動を支える非常に重要な物質です。

アミノ酸は何百種類もありますが人の身体を構成するたんぱく質を作るアミノ酸は20種類だけなんです。

その20種類のアミノ酸が体内で組み合わされ、血液や筋肉など身体の部位に合わせた色や形、働きを持ったたんぱく質になっています。

そのうちの「非必須アミノ酸」と呼ばれるアミノ酸11種類は体内で作ることができますが、残りの9種類は体内では成されないので、

食事からとる必要があるので「必須アミノ酸」と呼ばれています。

この「必須アミノ酸」はバランスよく適量を食事から補う必要があります

一日に必要とされるたんぱく質は60~70グラム

例えば100グラムの肉を食べた場合吸収されるたんぱく質は20グラム程度だけ

さらにアミノ酸に分解されて吸収されるのは10グラム程度大部分は身体の外に排出されてしまいます。

だから大変効率が悪いですね。

肉以外のものからたくさんたんぱく質を摂ろうと思うとカロリーオーバーで太ってしまいますよね

それは・・・困りますよね (^^)

では・・・どうすればいいでしょうか?

次回・・・お伝えしますね    

                                綱島店 宮田祐子         

 

ページトップへ