むくみの原因

むくみの原因

なんだかむくんでいる…そんな時は、少々体の調子が悪いことが多くありませんか?

むくみを放っておくと、まぶたが腫れぼったくなったり、ちょっと太って見られたりする為爽やかさに欠けた自分になってしまいます。

飲み過ぎたりインスタント食品など塩分の摂取しすぎると、顕著にこのむくみ現象がおきます。

体のむくみは、なぜ起きるのでしょうか?

むくみは、老廃物が正常に排出されていない状態でおきます。

体中に張り巡らされている血液に添うリンパ腺。それを流れているリンパ液の中の細胞は体の免疫力や疲労物質の除去に重要な役割を果たしています。

一般的にこのリンパの流れが悪くなると代謝が悪く老廃物が溜まるので、疲れやすかったり、むくみの原因になってしまうのです。

心臓よりも遠い部位は、むくみが起こりやすいのですが、わかりやすいところで顔、まぶた、足などです。他にはおなかや背中もむくみが起きます。

同じ姿勢で長時間過ごしたり、締め付ける服や靴、冷房の部屋に長時間いる、ストレスに加え、腰痛や腎臓などの内臓疾患もむくみの原因です。

妊婦さんにも多いむくみですが、血管の圧迫によりリンパ節の循環が悪くなると起こります。

また、アルコールやインスタント食品などのように塩分の高いものを摂取すると、体に水分を溜め込む作用が働くため、余分な水分がむくみの原因となっているのです。

この、むくみの原因の一つであるリンパの流れを良くすることは自然治癒力がスムーズに働く為に必要です。

ページトップへ